株式会社スタンドエステート >株式会社スタンドエステートのスタッフブログ記事一覧

株式会社スタンドエステートのスタッフブログ記事一覧

 HOT ENTRY

事業用投資物件を維持できない時の対処法とは?の画像


売却コラム

事業用投資物件を維持できない時の対処法とは?
事業用投資物件の収益性が下がると、維持管理費用や税金によるマイナスが大きくなり、オーナーにとって事業用物件の所有がマイナスになります。事業用投資物件のマイナスが大きくなると最終的に「事業用物件が維持できない」という事態に陥ってしまうのです。事業用投資物件を維持できないときは、事業用物件のオーナーはどのように対処したらいいのでしょうか。すぐに事業用投資物件を手放すべきでしょうか。それとも、別の方法を検討すべきでしょうか。事業用投資物件が維持できないときの4つの対処法を弊社が解説します。事業用投資物件を維持できないときは?事業用投資物件で収益を生み出せているときはいいのですが、収益性が下がってしま...

2020-07-10

新型コロナの影響で不動産売却価格はどうなる?の画像


売却コラム

新型コロナの影響で不動産売却価格はどうなる?
連日ニュースや新聞で取り上げられている新型コロナウイルス関連の情報。相続や収益物件の処分などで不動産売却を検討していたオーナーにとって、不動産売却価格への新型コロナの影響は見逃せないものではないでしょうか。新型コロナの影響で不動産売却価格はどうなると予想されるのでしょう。弊社がポイントを説明します。新型コロナで不動産売却価格は影響を受ける?新型コロナはさまざまな業種に影響を与えました。帝国データバンクによると、新型コロナ関連倒産は2020年6月2日16時時点で全国205件に上ったのだとか。倒産が最も多い業種はホテルや旅館業で、次に多いのが飲食業になっています。飲食業などの隣接業界である食品卸業...

2020-07-03

市街化調整区域は査定相談できる?の画像


売却コラム

市街化調整区域は査定相談できる?
市街化調整区域とは、建物の建築などが制限される地域のことです。市街化区域は積極的に開発する区域になります。対して市街化調整区域は開発の乱発を防ぐため、開発を抑制する地域になっているのです。開発を抑制する地域である市街化調整区域内の土地は、土地を所有していても自由に家を建てたり、店や事務所を設置したりできません。土地の運用範囲が極めて狭くなってしまうのです。そのため、土地を運用したい人や土地に家を建てて住みたい人には買い控えされる傾向があります。しかし、札幌市の市街化調整区域は「売れない」「査定もできない」と断定するのは早計です。札幌市の市街化調整区域は査定相談できるか、弊社が解説します。札幌市...

2020-06-26

トップへ戻る