ホーム  >  札幌の不動産コラム  >  税金について  >  札幌の土地売却をしたら確定申告は必要?納税金額の節税方法も解説

札幌の土地売却をしたら確定申告は必要?納税金額の節税方法も解説
カテゴリ:税金について  / 投稿日付:2021/08/28 00:00

■札幌の土地売却で確定申告は必要なのか?
札幌の土地売却をしたときは、確定申告が必要になるケースと不要なケースがあります。

確定申告とは1年間の所得税を計算して税務署に申告する手続きです。
会社の給与の場合は源泉徴収といった税金手続きを会社側でしてくれますが、土地売却の場合は勤め先などが税金手続きをしてくれることはありません。
そのため、基本的に自分(あるいは税理士)が確定申告などの税金手続きをしなければならないのです。
土地売却をすると利益に所得税などの税金がかかりますから、確定申告により納税金額を申告します。

ただし、すべての札幌の土地売却ケースで確定申告を要するわけではありません。
札幌の土地売却で利益が出なければ確定申告は必要ありません。
利益とは土地売却金そのものの額ではなく、取得費や譲渡費用などマイナスできるものを土地売却金額から引いて最終的に利益が出ていた場合です。

なお、札幌の土地売却で確定申告が不要でも、他の利益などがあり確定申告を要するケースがあります。
確定申告の要否については税理士に確認を取ることをおすすめします。

■札幌の土地売却の納税金額を節税する方法
札幌の土地売却の確定申告・納税が必要な場合、納税金額をどのように圧縮するかが問題です。
納税金額が増えるとその分だけ手元に残る利益が少なくなります。納税金額の節税が問題です。

札幌の土地売却で考えられる納税金額の節税方法は3つあります。

・札幌の土地をできるだけ高く売って納税金額を捻出する

売却金額が多くなればその分だけ土地売却金が手元に残る可能性が高くなるはずです。
不動産会社と相談して札幌の土地をできるだけ高く売却できるよう計画を立ててはいかがでしょう。

・札幌の土地売却のタイミングを考えて納税金額の節税をする

不動産は短期(5年以下)で売却した場合と長期(5年超)で売却した場合で税率が変わってきます。
長期の方がより低い税率になっているため、所有期間やタイミングを考えた土地売却をすることで納税金額の節税ができる可能性があります。

・札幌の土地売却の特例などを利用して納税金額の節税をする

札幌の土地売却では条件に当てはまれば特例などを利用可能です。
特例や控除などを使えれば、その分だけ納税金額を少なくできる可能性があります。

■最後に
札幌の土地売却では確定申告が必要になるケースと、しなくても問題ないケースがあります。
確定申告の要否は他の所得などにも関わってくるため、分からないときは税理士に確認するのが一番です。
札幌の土地売却では利益が出ると納税金額を払わなければならないため、節税についても考えながら進めることが重要になります。

税金も考えて札幌の土地売却をしたい場合はスタンドエステートへご相談ください。

ページの上部へ