株式会社スタンドエステート > 株式会社スタンドエステートのスタッフブログ記事一覧 > 事業用投資物件を維持できない時の対処法とは?

事業用投資物件を維持できない時の対処法とは?

≪ 前へ|新型コロナの影響で不動産売却価格はどうなる?   記事一覧   不動産買取と不動産売却でかかる税金が違うの?|次へ ≫

事業用投資物件を維持できない時の対処法とは?

カテゴリ:売却コラム


事業用投資物件の収益性が下がると、維持管理費用や税金によるマイナスが大きくなり、
オーナーにとって事業用物件の所有がマイナスになります。
事業用投資物件のマイナスが大きくなると最終的に「事業用物件が維持できない」という事態に陥ってしまうのです。
事業用投資物件を維持できないときは、事業用物件のオーナーはどのように対処したらいいのでしょうか。
すぐに事業用投資物件を手放すべきでしょうか。
それとも、別の方法を検討すべきでしょうか。
事業用投資物件が維持できないときの4つの対処法を弊社が解説します。

事業用投資物件を維持できないときは?

事業用投資物件で収益を生み出せているときはいいのですが、収益性が下がってしまうと、
オーナーにとっては大きな負担であり、マイナスになります。
事業用物件は都市開発や社会情勢によっても収益性が上下することもあるため、
現在は収益を生んでいても、近い将来どうなるか判断が難しいところもあるのです。

事業用投資物件を維持できない。
事業用投資物件の維持が難しくなる可能性がある。
このような場合は、早めに2つの方法のうちどちらを選択するか決めておきましょう。

1.事業用投資物件の収益性を見直す
2.事業用投資物件を不動産売却などで処分する

まずは大枠で事業用投資物件をどうするか考えておくことが重要です。

事業用投資物件を維持できないときの4つの対処法

事業用投資物件が維持できない場合、大別して「収益性を見直す方法」と「不動産売却などで処分する方法」があります。
2つの方法はさらに2つずつの対処法にわかれます。

収益性を見直す方法
・宣伝広告などで事業用投資物件の収益性を上げる
・維持できない原因になっている費用負担などを確認し無駄なものを削る

事業用投資物件に空室などが発生しているために維持できない状態であれば、
宣伝広告などで積極的に空室を埋めるような計画を立てることで状況の改善をはかれる可能性があります。
維持管理費用の負担が重い場合は、無駄な費用負担がないか収支を見直し、
費用削減をはかることによって状況が改善する可能性があるのです。

不動産売却などで処分する方法
・事業用投資物件を仲介で不動産売却する
・事業用投資物件を不動産買取で処分する

事業用投資物件を処分する場合は、仲介による不動産売却や不動産買取が考えられます。
仲介は維持できない事業用物件を不動産会社の媒介・仲介による第三者に売却し、
不動産買取は不動産会社に事業用投資物件を買い取ってもらう方法です。
事業用投資物件が維持できないのであれば、仲介による不動産売却や不動産買取で、
マイナスがこれ以上大きくならないうちに早期換金するのもひとつの方法になります。

最後に

事業用投資物件が維持できない状況になったら、大きくわけて2つの方法が考えられます。
「売却」と「見直し」です。
それぞれの方法はさらに4つの対処法にわかれ、事業用物件の状態や近隣の状況、
ニーズなどによってどの対処法が合っているかが変わります。

事業用投資物件に合わせた対処を行うことが重要です。
事業用投資物件の処分や運用のご相談は、弊社にお任せください。


≪ 前へ|新型コロナの影響で不動産売却価格はどうなる?   記事一覧   不動産買取と不動産売却でかかる税金が違うの?|次へ ≫
  • 売却査定
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
    会員物件数
    ロード中
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 更新情報

    2020-01-04
    株式会社スタンドエステートは札幌市白石区にある不動産会社で、不動産の売買・売却を得意としております。得意エリアは札幌市を中心に、北広島市、石狩市、江別市、石狩郡当別町を主に取り扱っております。(その他エリアもご紹介可能です)

    特に新着物件・値下げ情報や未公開物件には力を入れており、弊社が特別にご紹介出来るような物件もご用意しております。
    独自のネットワークでインターネットには出ていないような不動産の物件情報をご紹介することも可能です。
     非公開物件の閲覧は会員様限定のコンテンツで、スタンドエステートのホームページから無料で登録・利用が可能です。会員登録はこちら

    スタンドエステートでは、経験豊富なスタッフがご案内させて頂きますので物件やご紹介エリアの素朴な疑問にお答えいたします。
    また物件購入時の諸費用や住宅ローンについて金融機関の選び方や月々のお支払い金額など、ご紹介の物件に合わせてわかりやすく丁寧なご説明を心がけております。
     火災保険やお引越し等、各種サービスのご紹介は勿論のこと、瑕疵保険やインスペクションの対応などもお気軽にご相談下さい。

    不動産の購入だけではなく、札幌市を中心に不動産の売却をお考えの方も是非スタンドエステートにご相談下さい。素早く、正確な、高額査定を心掛け不動産の売却をお手伝いさせていただきます。
    スタンドエステートのホームページから不動産の売却査定を行うことが出来ます。売却査定はこちら

    弊社では無料で売却査定やホームページへの広告掲載をさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。不動産をお持ちで、相続や転勤等で現在お住まいになっていない物件など、新たな活用方法もご提案できるかと思います。
    お住まいのマンションや一戸建てが古くなり、どのように活用すれば良いか悩まれている方、買い替えを検討中の方は是非スタンドエステートにご相談下さい。素早い査定と、ご納得いただける条件で売却活動を行い、お客様の不動産売却を成功に導きます。
    2019-10-01
    札幌市の不動売却・買取査定専門サイト(土地・建物・収益等)
    詳細は下のバナーをクリック!

    更新情報一覧

  • お問い合わせ
  • 内部ブログ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社スタンドエステート
    • 〒003-0803
    • 北海道札幌市白石区菊水三条2丁目6-20
      多田ビル2F
    • TEL/011-887-0193
    • FAX/011-887-0183
    • 北海道知事石狩 (2) 第8029号
  • QRコード
  • 更新物件情報

    2020-08-08
    美園十二条7丁目 売地の情報を更新しました。
    2020-08-07
    ダイアパレス南30条の情報を更新しました。
    2020-08-06
    ダイアパレス南三条の情報を更新しました。
    2020-08-06
    曙11条二世帯住宅の情報を更新しました。
    2020-08-06
    クリニックステーション厚別の情報を更新しました。
    2020-08-06
    森林公園パークハウス西参番街D棟の情報を更新しました。
    2020-08-06
    デザイナーズヴァレーの情報を更新しました。
    2020-08-06
    ヘルメスⅢの情報を更新しました。
    2020-08-06
    クリーンリバー発寒中央の情報を更新しました。
    2020-08-06
    クリーンリバー八軒の情報を更新しました。
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る