株式会社スタンドエステート > 株式会社スタンドエステートのスタッフブログ記事一覧 > 収益物件の入居率低下の理由とは?

収益物件の入居率低下の理由とは?

≪ 前へ|古い家を相続放棄するデメリット   記事一覧   市街化調整区域は査定相談できる?|次へ ≫

収益物件の入居率低下の理由とは?

カテゴリ:売却コラム


収益物件(アパート・マンション)を運用する際のリスクのひとつに「入居率低下」があります。
オフィスやアパートなどの収益物件(アパート・マンション)で利益を上げようと計画しても、
入居率低下の状態だと収益も下がってしまうのです。
家賃収入がなく、固定資産税や維持管理費用の負担だけかさむ。
これでは、収益物件(アパート・マンション)がお荷物になってしまいます。

収益物件(アパート・マンション)の入居率低下には理由があります。
収益物件(アパート・マンション)の入居率低下がなぜ起こっているのか検討し、理由に応じた対処を行いましょう。

収益物件(アパート・マンション)の入居率低下の4つの理由

収益物件(アパート・マンション)の入居率低下には4つに理由が考えられます。
4つの理由の中のどれに該当するか検討し、理由に合った対処をすることが重要です。
まずは入居率低下の4つの理由について確認しましょう。

1.収益物件(アパート・マンション)の家賃が高い
2.収益物件(アパート・マンション)が知られていない
3.収益物件(アパート・マンション)が周囲に多すぎる
4.物件に問題がある

以上のような理由が収益物件(アパート・マンション)の入居率低下に繋がります。

収益物件(アパート・マンション)の入居率低下の理由と対処法

収益物件(アパート・マンション)の入居率低下を改善するためには、理由に合った方法で対処する必要があります。
理由ごとの対処法は次のようなものです。

・①収益物件(アパート・マンション)の家賃が高い

周囲の似たような条件の収益物件(アパート・マンション)の家賃が7万円なのに、10万円の家賃を設定している。
このように、周辺の家賃相場より賃料が高いと、顧客が安い方に流れ、入居率低下に繋がります。
周辺の同条件の家賃相場などを調査し、相場にあった家賃を設定することが基本的な対処法です。

・②収益物件(アパート・マンション)が知られていない

収益物件(アパート・マンション)の広告不足が原因で入居率低下に繋がることがあります。
アパートやテナントなどの収益物件(アパート・マンション)を探している人がいても、
その収益物件(アパート・マンション)の存在を知らなければ、借りる選択肢に入れることはありません。
不動産会社と効果的な宣伝方法を検討し、広告や宣伝をすることで入居率低下を改善できる可能性があります。

・③収益物件(アパート・マンション)が周囲に多すぎる

収益物件(アパート・マンション)であるアパートやテナントが周囲に多いと、
「借りたい」と思っている人に多数の選択肢があるわけですから、
なかなか入居に繋がらないことがあるのです。

競争相手が多くて、競争である収益物件(アパート・マンション)に勝てないというパターンになります。
収益物件(アパート・マンション)の入居時の条件などを見直すことによって入居率低下の改善に繋がる可能性があるため、
周囲の条件などを確認してみましょう。

・④物件に問題がある

収益物件(アパート・マンション)自体に問題があるパターンです。
たとえば、収益物件(アパート・マンション)のアクセス自体はいいのに、建物に微々たる雨漏りがある。
収益物件(アパート・マンション)が日陰に位置しており、全体的に暗い印象を持ってしまう。
収益物件(アパート・マンション)に修繕が必要なのに、修繕してもらえない。
このようなケースでは、収益物件(アパート・マンション)自体が問題で入居率低下に繋がっていることがあるのです。
収益物件(アパート・マンション)の修繕など、問題に合わせた解決法を試みることが重要になります。
また、物件自体に問題で入居率低下に繋がっている場合は、
不動産買取などで収益物件(アパート・マンション)自体を処分することもひとつの方法になるのです。

最後に

収益物件(アパート・マンション)を運用する人によって、入居率低下は大きなリスクです。
入居率低下の原因を突き止め、原因に合った方法で対処しましょう。
原因への対処が難しい場合や、収益物件(アパート・マンション)の維持管理事態を重荷に感じている場合などは、
不動産買取などの処分も含めて検討すべきです。

札幌の収益物件(アパート・マンション)のお悩みは、弊社にご相談ください。


≪ 前へ|古い家を相続放棄するデメリット   記事一覧   市街化調整区域は査定相談できる?|次へ ≫
  • 売却査定
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
    会員物件数
    ロード中
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 更新情報

    2020-07-07
    検索エンジンその2新設!

    ↓種別毎の入口はこちら↓



    2020-01-04
    株式会社スタンドエステートは札幌市白石区にある不動産会社で、不動産の売買・売却を得意としております。得意エリアは札幌市を中心に、北広島市、石狩市、江別市、石狩郡当別町を主に取り扱っております。(その他エリアもご紹介可能です)

    特に新着物件・値下げ情報や未公開物件には力を入れており、弊社が特別にご紹介出来るような物件もご用意しております。
    独自のネットワークでインターネットには出ていないような不動産の物件情報をご紹介することも可能です。
     非公開物件の閲覧は会員様限定のコンテンツで、スタンドエステートのホームページから無料で登録・利用が可能です。会員登録はこちら

    スタンドエステートでは、経験豊富なスタッフがご案内させて頂きますので物件やご紹介エリアの素朴な疑問にお答えいたします。
    また物件購入時の諸費用や住宅ローンについて金融機関の選び方や月々のお支払い金額など、ご紹介の物件に合わせてわかりやすく丁寧なご説明を心がけております。
     火災保険やお引越し等、各種サービスのご紹介は勿論のこと、瑕疵保険やインスペクションの対応などもお気軽にご相談下さい。

    不動産の購入だけではなく、札幌市を中心に不動産の売却をお考えの方も是非スタンドエステートにご相談下さい。素早く、正確な、高額査定を心掛け不動産の売却をお手伝いさせていただきます。
    スタンドエステートのホームページから不動産の売却査定を行うことが出来ます。売却査定はこちら

    弊社では無料で売却査定やホームページへの広告掲載をさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。不動産をお持ちで、相続や転勤等で現在お住まいになっていない物件など、新たな活用方法もご提案できるかと思います。
    お住まいのマンションや一戸建てが古くなり、どのように活用すれば良いか悩まれている方、買い替えを検討中の方は是非スタンドエステートにご相談下さい。素早い査定と、ご納得いただける条件で売却活動を行い、お客様の不動産売却を成功に導きます。
    2019-10-01
    札幌市の不動売却・買取査定専門サイト(土地・建物・収益等)
    詳細は下のバナーをクリック!

    更新情報一覧

  • お問い合わせ
  • 内部ブログ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社スタンドエステート
    • 〒003-0803
    • 北海道札幌市白石区菊水三条2丁目6-20
      多田ビル2F
    • TEL/011-887-0193
    • FAX/011-887-0183
    • 北海道知事石狩 (2) 第8029号
  • QRコード
  • 更新物件情報

    2020-08-04
    西野ハイツ A棟の情報を更新しました。
    2020-08-04
    平岸パ-クハイツの情報を更新しました。
    2020-08-04
    平岸リバーサイドハイムの情報を更新しました。
    2020-08-04
    レジデンスオークラの情報を更新しました。
    2020-08-04
    北18条ハイツの情報を更新しました。
    2020-08-04
    札幌第一パークハイツの情報を更新しました。
    2020-08-04
    マッセル宮の森の情報を更新しました。
    2020-08-04
    サンタフェの情報を更新しました。
    2020-08-04
    17条ハイツの情報を更新しました。
    2020-08-04
    ビバ南郷Bの情報を更新しました。
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る