株式会社スタンドエステート > 株式会社スタンドエステートのスタッフブログ記事一覧 > 土地の相続放棄するためには?市街化調整区域等

土地の相続放棄するためには?市街化調整区域等

≪ 前へ|空き家になった家ってどうすれば?   記事一覧   (実家の売却編)片付け→価格の決定|次へ ≫

土地の相続放棄するためには?市街化調整区域等

カテゴリ:売却コラム


土地は価値のある財産です。
ただし場所によっては使い道がなくどうすれば良いのか困ってしまうような土地(市街化調整区域・再建築不可の土地等)があるのも事実です。
特に人の少ない田舎や山奥などに土地がある場合には、利便性も悪く活用する方法もないため、
財産価値としてはほとんど無いという場合もあります。
当社でも、相続しなければよかったという声も多く寄せられます。
このような相続財産は「相続放棄」してしまうのも手でしょう。
今回はいらない土地を相続放棄するための方法について詳しく解説していきます。


■相続放棄という選択 

土地の所有者が死亡などの理由で不在となってしまった場合には、
その土地は所有者の相続人となる人たちに引き継がれることになっています。
まず「相続」とは、基本的には被相続人が所有する全ての財産債務を引き継ぐことで、
土地もこの財産債務に含まれます。
しかし、これは強制的なものではなく、
相続人はその権利を放棄する「相続放棄」を選択することもできます。
これは財産だけ相続して、債務だけ放棄するということはできません。
相続財産の一切を放棄する必要があります。
この相続を放棄すると民法に基づき、国庫に帰属する状態となり、
その土地やその他全ての財産は国の持ち物となります。


■相続放棄の順番について

相続には順位があり、それを放棄する「相続放棄」にも順番があります。
基本的に相続人になる人は被相続人の親族で、
その順番は第1が子供・第2が両親・第3が兄弟姉妹となっています。
相続と同じく相続の放棄もこの順番に従って権利が移行していきます。
まずは子供でその次に両親、そして最後に兄弟姉妹が放棄申述を終えたら、
全員が相続を放棄したことになります。

この場合に注意しなくてはならないのが、相続を放棄するということを
それ以外の相続権利のある人たちに予め知らせておかなくてはならないということです。
そうでなければ、知らない間に相続権が移行してしまい、
親族間でトラブルとなってしまうことがありますので、
くれぐれもその点は注意して放棄を行うようにしましょう。


■相続の放棄方法と費用について

相続を放棄するためには、
相続が開始される3ヶ月以内に家庭裁判所に「相続放棄申述書」を提出する必要があります。
この申述書は裁判所のホームページから入手することができますので、
それを記入してその他の必要書類とともに管轄先の家庭裁判所へ提出します。
それが受理されると家庭裁判所から通知書が届きますので、放棄の手続きはこれで完了となります。
申述書以外の必要書類は、基本的には「戸籍謄本」「除籍謄本」「住民票の除票」となっていますが、
場合によってはそれ以外の書類の提出を求められることもあります。
これらの手続きに必要な費用は、収入印紙800円と家庭裁判所への連絡のための切手代、
必要書類(戸籍謄本など)の取得のための費用などがあります。
それ以外にも、弁護士や司法書士など専門家の人に、
これらの手続きを代行してもらう場合にはそのための費用が別途必要になります。


■最後に


いかがでしたでしょうか?
相続によっていらない土地の所有者になってしまうと、
その土地の固定資産税を払い維持管理を続けていかなくてはならなくなります。
それは維持管理の手間だけでなく資金面においても、所有者にとって大きな負担となってしまいます。
土地は一度所有してしまうと簡単には手放せないので、場合によっては負の遺産ともなり兼ねません。
そうならないためにも相続の段階できちんと手順を踏んで、権利を放棄しておく必要があります。
その場合には、税理士や弁護士などの専門家にきちんと相談し、
それに付随する問題に正しく対処できるよう相談とサポートをしてもらうようにしましょう。
弊社では相続した土地の処分方法についてのご相談にも対応しております。
相続した土地の処分についてお困りの方はぜひ一度お気軽にご相談ください!


≪ 前へ|空き家になった家ってどうすれば?   記事一覧   (実家の売却編)片付け→価格の決定|次へ ≫
  • 売却査定
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
    会員物件数
    ロード中
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 更新情報

    2020-01-04
    株式会社スタンドエステートは札幌市白石区にある不動産会社で、不動産の売買・売却を得意としております。得意エリアは札幌市を中心に、北広島市、石狩市、江別市、石狩郡当別町を主に取り扱っております。(その他エリアもご紹介可能です)

    特に新着物件・値下げ情報や未公開物件には力を入れており、弊社が特別にご紹介出来るような物件もご用意しております。
    独自のネットワークでインターネットには出ていないような不動産の物件情報をご紹介することも可能です。
     非公開物件の閲覧は会員様限定のコンテンツで、スタンドエステートのホームページから無料で登録・利用が可能です。会員登録はこちら

    スタンドエステートでは、経験豊富なスタッフがご案内させて頂きますので物件やご紹介エリアの素朴な疑問にお答えいたします。
    また物件購入時の諸費用や住宅ローンについて金融機関の選び方や月々のお支払い金額など、ご紹介の物件に合わせてわかりやすく丁寧なご説明を心がけております。
     火災保険やお引越し等、各種サービスのご紹介は勿論のこと、瑕疵保険やインスペクションの対応などもお気軽にご相談下さい。

    不動産の購入だけではなく、札幌市を中心に不動産の売却をお考えの方も是非スタンドエステートにご相談下さい。素早く、正確な、高額査定を心掛け不動産の売却をお手伝いさせていただきます。
    スタンドエステートのホームページから不動産の売却査定を行うことが出来ます。売却査定はこちら

    弊社では無料で売却査定やホームページへの広告掲載をさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。不動産をお持ちで、相続や転勤等で現在お住まいになっていない物件など、新たな活用方法もご提案できるかと思います。
    お住まいのマンションや一戸建てが古くなり、どのように活用すれば良いか悩まれている方、買い替えを検討中の方は是非スタンドエステートにご相談下さい。素早い査定と、ご納得いただける条件で売却活動を行い、お客様の不動産売却を成功に導きます。
    2019-10-01
    札幌市の不動売却・買取査定専門サイト(土地・建物・収益等)
    詳細は下のバナーをクリック!

    更新情報一覧

  • お問い合わせ
  • 内部ブログ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社スタンドエステート
    • 〒003-0803
    • 北海道札幌市白石区菊水三条2丁目6-20
      多田ビル2F
    • TEL/011-887-0193
    • FAX/011-887-0183
    • 北海道知事石狩 (2) 第8029号
  • QRコード
  • 更新物件情報

    2020-09-27
    美園十二条7丁目 売地の情報を更新しました。
    2020-09-27
    ダイアパレス南30条の情報を更新しました。
    2020-09-27
    北海道札幌市南区南沢六条2丁目の売地の情報を更新しました。
    2020-09-27
    クリニックステーション厚別の情報を更新しました。
    2020-09-27
    クリーンリバー八軒の情報を更新しました。
    2020-09-27
    西野団地A棟の情報を更新しました。
    2020-09-27
    ダイアパレス琴似の情報を更新しました。
    2020-09-27
    キャッスルニッコーの情報を更新しました。
    2020-09-27
    マノワール麻生の情報を更新しました。
    2020-09-27
    エクセルシオール南6条の情報を更新しました。
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る