株式会社スタンドエステート > 株式会社スタンドエステートのスタッフブログ記事一覧 > 相続した家の売却手順です。

相続した家の売却手順です。

≪ 前へ|札幌の古いマンションを手放し方   記事一覧   実家を相続相続して実家を処分する方法|次へ ≫

相続した家の売却手順です。

カテゴリ:売却コラム


両親がから相続することになった家は、そのままにしていても固定資産税などの保有コストが必要になるものです。
将来的にセカンドライフを実家で過ごすことを予定しているならともかく、
そのような見込みもないときは売却してしまうのもお勧めです。

そこで今回は相続した実家の売却手順について詳しく解説していきます。。


■不動産を売却するには

相続した不動産を売却するには、登記名義を相続人に移転しておく必要があります。

この先は売却を予定しているので、誰を名義人にしておくのもポイントになります。
例えばきょうだい二人ならどちらの名義にするのかを話し合いで決定する必要があるわけです。
これを遺産分割協議といいます。
もちろん二人の共有名義にする選択肢もありますが、
不動産売買の決済時には名義人の実印を押印する必要があるので、
その手間を負担できるのかは十分考慮しておく必要があります。

単独名義にしておいて、後日売買代金を分配するのも有力な選択肢です。
とりあえずは誰が名義人になるのかを決定しておきます。


■相続登記について

引き続いて、相続登記の手続きに移ります。

法務局の不動産登記簿には両親のいずれかの名義になっているのが一般的です。
第三者に売れば、その名義も買主に移転する必要がありますが、
相続人を飛び越していきなり買主に名義を移すことはできないシステムになっています。


そこで相続登記が必要になるわけです。

必要な書類としては、なくなった名義人となっている親の出生してから亡くなるまでの戸籍類がまず必要になります。
実家やその近隣で一生を過ごしたのであればさほど手間にはなりませんが、
出生地が遠方だとその市役所などから郵送で取り寄せる必要があります。

その時実家についての固定資産評価証明書も役場の固定資産税から取得しておきましょう。
これは相続登記するときの登録免許税を計算するときに必要になる書類です。


■法定相続人

これに加えて法定相続人の現在の戸籍と、名義人になる方の住民票もしくは戸籍の付票も必要になります。

これらの書類が揃ったら死亡した親の遺産についての遺産分割協議書の作成が必要です。
実家を含めた不動産や預貯金類、有価証券やその他の動産類について、
誰が引き継ぐのかを話し合いで確定して、最終的にだれに帰属するのかが明らかにする必要があります。

このように聞くと厳密に記載事項を決定して書面に起こす必要があるようにも思えますが、
それほど厳密なスタイルがあるわけでもありません。

①被相続人の氏名・生年月日や最後の本籍、登記名簿上の住所
②法定相続人の氏名や住所
③財産の帰属先について、
この三点が明らかとしてから

④法定相続人の署名と実印押印
がなされていればほとんどの手続きに対応することが出来ます。


そして作成できたら、
遺産分割協議書に戸籍類に相続人の印鑑証明書(遺産分割協議所に押印したものと同一のもの)を


そろえて、所定の登録免許税を収入印紙で納付します
最後に遺産の土地を管轄する法務局に提出すれば、後は完了を待つだけです。

ところで登録免許税は固定資産評価証明書記載の評価額の0.4%になります。
そして相続登記が完了すると、いよいよ第三者に売却する準備が整ったことになります。
誰に買ってもらうのかは地元の不動産会社に探してもらうのが手間もかかりません。

ただこの場合、売買代金の3%+数万円の手数料が必要になることは留意しておきましょう。


■決済手続き

買主が決定したら代金の授受と同時に移転登記のための決済も同時に行うのが通例です。

このときには法務局から相続登記完了時に交付された登記識別情報通知と名義人の発行後3ヶ月以内の印鑑証明書も
事前に取得しておく日宇町があります。

ただし売買決済時には司法書士が関与するのが一般的なので、その指示に従えば手続きは滞りなく終了します。


■最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は相続した実家の売却手順について解説しました。
両親から受け継いだ家も自分で住まないのであれば、
そのままにしておかずにどうするかを検討しなければならないですね。


弊社は札幌市の相続した実家の買取、売却実績が多数あります!
相続した実家を手放したいとお考えの方はぜひ一度お気軽にご相談くださいませ。


≪ 前へ|札幌の古いマンションを手放し方   記事一覧   実家を相続相続して実家を処分する方法|次へ ≫
  • 売却査定
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
    会員物件数
    ロード中
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 更新情報

    2020-01-04
    株式会社スタンドエステートは札幌市白石区にある不動産会社で、不動産の売買・売却を得意としております。得意エリアは札幌市を中心に、北広島市、石狩市、江別市、石狩郡当別町を主に取り扱っております。(その他エリアもご紹介可能です)

    特に新着物件・値下げ情報や未公開物件には力を入れており、弊社が特別にご紹介出来るような物件もご用意しております。
    独自のネットワークでインターネットには出ていないような不動産の物件情報をご紹介することも可能です。
     非公開物件の閲覧は会員様限定のコンテンツで、スタンドエステートのホームページから無料で登録・利用が可能です。会員登録はこちら

    スタンドエステートでは、経験豊富なスタッフがご案内させて頂きますので物件やご紹介エリアの素朴な疑問にお答えいたします。
    また物件購入時の諸費用や住宅ローンについて金融機関の選び方や月々のお支払い金額など、ご紹介の物件に合わせてわかりやすく丁寧なご説明を心がけております。
     火災保険やお引越し等、各種サービスのご紹介は勿論のこと、瑕疵保険やインスペクションの対応などもお気軽にご相談下さい。

    不動産の購入だけではなく、札幌市を中心に不動産の売却をお考えの方も是非スタンドエステートにご相談下さい。素早く、正確な、高額査定を心掛け不動産の売却をお手伝いさせていただきます。
    スタンドエステートのホームページから不動産の売却査定を行うことが出来ます。売却査定はこちら

    弊社では無料で売却査定やホームページへの広告掲載をさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。不動産をお持ちで、相続や転勤等で現在お住まいになっていない物件など、新たな活用方法もご提案できるかと思います。
    お住まいのマンションや一戸建てが古くなり、どのように活用すれば良いか悩まれている方、買い替えを検討中の方は是非スタンドエステートにご相談下さい。素早い査定と、ご納得いただける条件で売却活動を行い、お客様の不動産売却を成功に導きます。
    2019-10-01
    札幌市の不動売却・買取査定専門サイト(土地・建物・収益等)
    詳細は下のバナーをクリック!

    更新情報一覧

  • お問い合わせ
  • 内部ブログ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社スタンドエステート
    • 〒003-0803
    • 北海道札幌市白石区菊水三条2丁目6-20
      多田ビル2F
    • TEL/011-887-0193
    • FAX/011-887-0183
    • 北海道知事石狩 (2) 第8029号
  • QRコード
  • 更新物件情報

    2020-09-20
    ライトハウス南沢の情報を更新しました。
    2020-09-20
    美園十二条7丁目 売地の情報を更新しました。
    2020-09-20
    ダイアパレス南30条の情報を更新しました。
    2020-09-20
    北海道札幌市南区南沢六条2丁目の売地の情報を更新しました。
    2020-09-20
    サーム広島インターB棟の情報を更新しました。
    2020-09-20
    エスカイア白石第一の情報を更新しました。
    2020-09-20
    白石グランドハイツの情報を更新しました。
    2020-09-20
    キャッスルニッコーの情報を更新しました。
    2020-09-20
    クリスタルパーク伏古公園の情報を更新しました。
    2020-09-20
    マッセル宮の森の情報を更新しました。
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る