株式会社スタンドエステート > 株式会社スタンドエステートのスタッフブログ記事一覧 > 老人ホームに入りたい!自宅売却のポイント

老人ホームに入りたい!自宅売却のポイント

≪ 前へ|高齢者の住み替えのポイントとタイミング   記事一覧   認知症になった場合の不動産売却について|次へ ≫

老人ホームに入りたい!自宅売却のポイント

カテゴリ:売却コラム





多くの人にとってそれが必要なタイミングとして挙げられるのは、

「まとまった資金が必要になったとき」でしょう。

 

まとまった資金が必要になるタイミングは、

事業を開始するときや子どもの学費など様々ありますが、

老人ホームに入居するというケースが近年非常に増えています。

 

特に男性であれば75歳くらいから、

歩行や自力で入浴することが難しくなることが多く、

その年齢くらいで老人ホームの入居を検討する方が多いようです。

 

当たり前ですが老人ホームに入居するためにも多額の費用が発生します。

 

一般的な有料老人ホームのケースでお話すると、

有料老人ホームの料金体系には大きく2パターンあります。

 

・入居一時金+月払い

・完全月払い

 

完全月払いは入居一時金の頭金分を分割している形になっているため、

施設によって異なりますがおおよそ5年くらい経過すると、

総額支払い金額で考えた場合「入居一時金」を支払う方が安くなるようです

 

老人ホームに入居してから一般の住居に引っ越すというケースは珍しく、

多くの方は老人ホームに入居してそのまま終わりの住処を迎えます。

 

そのため、この入居一時金を支払った方が長生きするほど安くなるため、

長年住んでいた自宅を売ってその費用に充てるのが有力な判断となります。

 

そこで今回は不動産売却をして老人ホームに入りたい!とお考えの方に、

売却のタイミングと注意点について解説していきます。

 

 

■有料老人ホームにかかる費用ってどのくらい?

 

老人ホームと言っても様々な種類がありますが、

大きく「特別養護老人ホーム」と「有料老人ホーム」の2種類あります、

 

特別養護老人ホームは社会福祉法人や地方公共団体が運営しているのに対して、

有料老人ホームは民間企業が運営しています。

 

また、特別養護老人ホームは主に65歳以上の要介護の方を対象にしていて、

費用も安いですが入居希望者が多く入居までにかなりの時間を要します。

※地域によりますが入居までに数か月~10年近くかかる場合もあります。

 

そこで今回は有料老人ホームのケースで解説をいたします。

有料老人ホーム入居のためには下記の費用が発生します。

 

・入居一時金 

・月額利用料金

・介護費

 

入居一時金は安いところだと0円~というところもありますが、

前述した通り0円だとその分月額利用料金が高くなります。

 

一般的な相場としては入居一時金でおおよそ500万かかります。

(もちろん安いところも存在します)

 

月額利用料金で約1015万、介護費で約5万、

介護費も合わせると月額20万くらいの費用が必要になります。

 

補足情報として入居一時金にはクーリングオフが適用されます。

 

契約から90日以内に契約解除をした場合、

一時金は全額返金されますので予備知識として知っておくと良いでしょう。

 

 

■今の住まいは入居前後のどちらのタイミングで売ったら良いの?

 

そもそもこの議論の前に住まいを売る以外にも

「賃貸に出す」・「そのまま維持する」という方法もあります。

 

どの方法が最良なのかは物件の立地や状況によって異なるため、

各不動産会社にご相談の上ご決断した方が良いでしょう。

 

今回は売却をする前提でお話をします。

 

売却するタイミングは結論からお伝えすると、

「入居前」か「入居後の年末まで」に売るのがベストでしょう。

 

なぜなら居住用財産を売却した場合には、

3,000万円の特別控除」という制度を受けることが出来るため、

所得税が大きく変わってきます。

 

この制度を受けられる条件として、

「本人が転居してから3年後の1231日まで」という決まりがあるからです。

 

この期間を過ぎるとこの制度を受けられなくなってしまうため注意が必要です。

 

いずれにしても不動産は時間の経過と共に価値は目減りしていくため、

老人ホームの入居を近い将来でお考えであれば早めに売却相談するのがベストです。

 

 

■まとめ

 

今回は不動産売却をして老人ホームに入りたい!

売却のタイミングと注意点について解説いたしました。

 

有料老人ホームは入居一時金にまとまったお金が必要です。

 

資産が裕福にあってもなくてもお客様が長年お住まいになった大切な資産なので、

どこよりも高くそして早く売却することがお客様の満足に繋がると考えています。

 

当社ではこれまで数々の老人ホーム住み替えによる売却案件に携わってきました。

 

札幌で不動産売却をして老人ホーム入居をお考えの方がいましたら、

ぜひスタンドエステートへお気軽にご相談ください。

 

弊社が責任持ってどこよりも高く早く売却のお手伝いをさせていただきます。



≪ 前へ|高齢者の住み替えのポイントとタイミング   記事一覧   認知症になった場合の不動産売却について|次へ ≫
  • 売却査定
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
    会員物件数
    ロード中
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 更新情報

    2020-01-04
    株式会社スタンドエステートは札幌市白石区にある不動産会社で、不動産の売買・売却を得意としております。得意エリアは札幌市を中心に、北広島市、石狩市、江別市、石狩郡当別町を主に取り扱っております。(その他エリアもご紹介可能です)

    特に新着物件・値下げ情報や未公開物件には力を入れており、弊社が特別にご紹介出来るような物件もご用意しております。
    独自のネットワークでインターネットには出ていないような不動産の物件情報をご紹介することも可能です。
     非公開物件の閲覧は会員様限定のコンテンツで、スタンドエステートのホームページから無料で登録・利用が可能です。会員登録はこちら

    スタンドエステートでは、経験豊富なスタッフがご案内させて頂きますので物件やご紹介エリアの素朴な疑問にお答えいたします。
    また物件購入時の諸費用や住宅ローンについて金融機関の選び方や月々のお支払い金額など、ご紹介の物件に合わせてわかりやすく丁寧なご説明を心がけております。
     火災保険やお引越し等、各種サービスのご紹介は勿論のこと、瑕疵保険やインスペクションの対応などもお気軽にご相談下さい。

    不動産の購入だけではなく、札幌市を中心に不動産の売却をお考えの方も是非スタンドエステートにご相談下さい。素早く、正確な、高額査定を心掛け不動産の売却をお手伝いさせていただきます。
    スタンドエステートのホームページから不動産の売却査定を行うことが出来ます。売却査定はこちら

    弊社では無料で売却査定やホームページへの広告掲載をさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。不動産をお持ちで、相続や転勤等で現在お住まいになっていない物件など、新たな活用方法もご提案できるかと思います。
    お住まいのマンションや一戸建てが古くなり、どのように活用すれば良いか悩まれている方、買い替えを検討中の方は是非スタンドエステートにご相談下さい。素早い査定と、ご納得いただける条件で売却活動を行い、お客様の不動産売却を成功に導きます。
    2019-10-01
    札幌市の不動売却・買取査定専門サイト(土地・建物・収益等)
    詳細は下のバナーをクリック!

    更新情報一覧

  • お問い合わせ
  • 内部ブログ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社スタンドエステート
    • 〒003-0803
    • 北海道札幌市白石区菊水三条2丁目6-20
      多田ビル2F
    • TEL/011-887-0193
    • FAX/011-887-0183
    • 北海道知事石狩 (2) 第8029号
  • QRコード
  • 更新物件情報

    2020-09-24
    美園十二条7丁目 売地の情報を更新しました。
    2020-09-24
    ダイアパレス南30条の情報を更新しました。
    2020-09-24
    デザイナーズヴァレーの情報を更新しました。
    2020-09-24
    マノワール麻生の情報を更新しました。
    2020-09-24
    月寒東4-16連棟住宅の情報を更新しました。
    2020-09-24
    グループホーム(住宅型有料老人ホーム・障害者支援施設)の情報を更新しました。
    2020-09-24
    2ミカエルマンションの情報を更新しました。
    2020-09-24
    17条ハイツの情報を更新しました。
    2020-09-24
    レジデンスオークラの情報を更新しました。
    2020-09-24
    ノースパレスABの情報を更新しました。
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る