株式会社スタンドエステート > 株式会社スタンドエステートのスタッフブログ記事一覧 > ローン残債があっても住み替えする方法

ローン残債があっても住み替えする方法

≪ 前へ|不動産物件を売却して決済までの流れ   記事一覧   高齢者の住み替えのポイントとタイミング|次へ ≫

ローン残債があっても住み替えする方法

カテゴリ:売却コラム


子育てや転勤などの人生における様々なシーンで、

住み替えや買い替えの検討をされるかと思います。

 

このような時に最も大事になるのが「資金計画」です。

 

今住んでいる自宅に住宅ローンがなければ、

資金計画は比較的スムーズに進められますが、

問題は今の家に住宅ローン残債が残っている場合です。

 

どのように資金計画を立てたらスムーズに住み替えや買い替えが出来るのか、今回は住宅ローン残債が残っている方に向けて解説をしていきます。

 

 

■住み替えには2つの手順がある

 

住み替えをするには2つの手順があります。

 

・売り先行

今住んでいる家を先に売却して新居を購入する方法

 

・買い先行

次の新居を先に購入して元の家を売却する方法

 

売り先行の場合は資金計画が立てやすいというメリットがある一方、

新居に入居するまでの仮住まいが必要になるというデメリットがあります。

 

買い先行の場合は仮住まいが不要である一方で、

今住んでいる家の住宅ローンの支払いと新居の住宅ローンの支払いが、

重複する可能性があるというデメリットがあります。

 

つまり、売り先行は「住宅ローンを現在の返済額に収めたい」という考えの方に適していて、

買い先行は「貯蓄や収入が多くて資金的な余裕がある」という方に適しています。

 

双方のメリットデメリットを比較した上で、

どちらの方法で進めるかをまず決める必要があります。

 

 

■売り先行で住み替えを進める場合

 

前述した通り買い先行で進めるには資金的な余裕がないと難しいため、

・貯蓄でローン返済が可能

・何としてでも欲しい物件がある

この2点の理由がない限り多くの方は売り先行で進めるのが一般的です。

 

売り先行であれば売却代金を先に得ることが出来るため、

住宅購入における資金計画が立てやすいからです。

 

ただし、売却代金で住宅ローンの残債を完済することが出来る、

もしくは売却代金+貯蓄で住宅ローンを完済することが出来れば理想ですが、

売却代金+貯蓄でも住宅ローンを完済できないといったケースもあるでしょう。

 

そのような場合には住み替えローンを利用するのをおススメします。

 

 

■住み替えローン

 

住み替えローンとは、

今住んでいる家の住宅ローン残債分と新居の住宅ローンを

まとめて融資をしてくれる住宅ローンサービスです。

 

銀行によっては買い替えローンと呼称しているところもあります。

借入できる目安としては担保物件の1.5倍~3倍くらいが水準です。

 

例えば2倍のケースでシミュレーションをすると、

ローン残債1,500万円・売却金額1,000万円、

住み替え予定の新居の担保評価額2,000万円の新築を購入する場合、

4,000万円融資されるので住み替えすることが出来ます。

※実際には引っ越し費用などの諸費用が別途かかりますが割愛します。

 

住み替えローンは通常の住宅ローンと比べて、

金融機関の審査基準が厳しくなると言われています。

 

審査基準については各金融機関によって異なるため、

住み替えローンを利用する場合は事前に条件などの確認が必要です。

 

 

■その他の方法

 

売却代金+貯蓄でも住宅ローンを完済できないといったケースの場合、

住み替えローンを利用する以外にも方法はあります。

 

・ダブルローン

今住んでいる家の残債を残したままにして新しいローンを組む方法ですが、

ローンを二重で払わなくてはいけないため審査基準はかなり厳しくなります。

 

・不動産の名義を変える

新居の名義を奥様にするなどして住宅ローンを借りる方法です。

勤続年数や年収などを加味した上で通常の住宅ローン審査が通る属性の方というのが前提条件となります。

 

・今住んでいる家を賃貸に回して投資用ローンにする

今住んでいる家を賃貸に回して投資用ローンを組むという方法です。

投資用ローンは住宅ローンに比べて金利が高くなるため、

月々の支払い金額もその分上がります。

 

住宅ローンとダブルローンのどちらも不承認になった場合に行うことが多い方法ですが、

投資用ローンは金融機関によって審査基準が緩いところもあるため、

そういった方でもチャンスがある方法となります。

 

 

■まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

住宅ローン残債が残ったまま住み替えをする場合は、

ファイナンス面に強い不動産会社と組むことが重要です。

 

当社は札幌市でこれまで住み替えによる住宅ローン審査の数々の対応を行ってきました。

そのノウハウからお客様の住み替えを成功に導くため徹底的にご支援をいたします。

 

札幌市で住み替えをご検討の方はぜひスタンドエステートへご相談ください。




≪ 前へ|不動産物件を売却して決済までの流れ   記事一覧   高齢者の住み替えのポイントとタイミング|次へ ≫
  • 売却査定
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
    会員物件数
    ロード中
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 更新情報

    2020-01-04
    株式会社スタンドエステートは札幌市白石区にある不動産会社で、不動産の売買・売却を得意としております。得意エリアは札幌市を中心に、北広島市、石狩市、江別市、石狩郡当別町を主に取り扱っております。(その他エリアもご紹介可能です)

    特に新着物件・値下げ情報や未公開物件には力を入れており、弊社が特別にご紹介出来るような物件もご用意しております。
    独自のネットワークでインターネットには出ていないような不動産の物件情報をご紹介することも可能です。
     非公開物件の閲覧は会員様限定のコンテンツで、スタンドエステートのホームページから無料で登録・利用が可能です。会員登録はこちら

    スタンドエステートでは、経験豊富なスタッフがご案内させて頂きますので物件やご紹介エリアの素朴な疑問にお答えいたします。
    また物件購入時の諸費用や住宅ローンについて金融機関の選び方や月々のお支払い金額など、ご紹介の物件に合わせてわかりやすく丁寧なご説明を心がけております。
     火災保険やお引越し等、各種サービスのご紹介は勿論のこと、瑕疵保険やインスペクションの対応などもお気軽にご相談下さい。

    不動産の購入だけではなく、札幌市を中心に不動産の売却をお考えの方も是非スタンドエステートにご相談下さい。素早く、正確な、高額査定を心掛け不動産の売却をお手伝いさせていただきます。
    スタンドエステートのホームページから不動産の売却査定を行うことが出来ます。売却査定はこちら

    弊社では無料で売却査定やホームページへの広告掲載をさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。不動産をお持ちで、相続や転勤等で現在お住まいになっていない物件など、新たな活用方法もご提案できるかと思います。
    お住まいのマンションや一戸建てが古くなり、どのように活用すれば良いか悩まれている方、買い替えを検討中の方は是非スタンドエステートにご相談下さい。素早い査定と、ご納得いただける条件で売却活動を行い、お客様の不動産売却を成功に導きます。
    2019-10-01
    札幌市の不動売却・買取査定専門サイト(土地・建物・収益等)
    詳細は下のバナーをクリック!

    更新情報一覧

  • お問い合わせ
  • 内部ブログ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社スタンドエステート
    • 〒003-0803
    • 北海道札幌市白石区菊水三条2丁目6-20
      多田ビル2F
    • TEL/011-887-0193
    • FAX/011-887-0183
    • 北海道知事石狩 (2) 第8029号
  • QRコード
  • 更新物件情報

    2020-09-24
    ダイアパレス南30条の情報を更新しました。
    2020-09-24
    美園十二条7丁目 売地の情報を更新しました。
    2020-09-24
    グループホーム(住宅型有料老人ホーム・障害者支援施設)の情報を更新しました。
    2020-09-24
    マノワール麻生の情報を更新しました。
    2020-09-24
    2ミカエルマンションの情報を更新しました。
    2020-09-24
    ノースパレスABの情報を更新しました。
    2020-09-24
    デザイナーズヴァレーの情報を更新しました。
    2020-09-24
    17条ハイツの情報を更新しました。
    2020-09-24
    レジデンスオークラの情報を更新しました。
    2020-09-24
    月寒東4-16連棟住宅の情報を更新しました。
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る