株式会社スタンドエステート > 株式会社スタンドエステートのスタッフブログ記事一覧 > 不動産物件を売却して決済までの流れ

不動産物件を売却して決済までの流れ

≪ 前へ|不動産を売却か賃貸はどっちが得?   記事一覧   ローン残債があっても住み替えする方法|次へ ≫

不動産物件を売却して決済までの流れ

カテゴリ:売却コラム



不動産は多くの人にとって最大の資産と言えるものかと思います。

 

その最大の資産である不動産を何らかの理由で売却を考えた際に、

まず気になるのがお金にかかわる点についてです。

 

特に「いくらで売れるか」「いつお金が入金されるか」という点は、

不動産を売ろうと考える誰しもが気になる点です。

 

いくらで売れるかという査定方法については、

以前の記事で解説いたしましたので、

ぜひご参照頂けたらと思います。

 不動産査定の方法ってどのように行うの?土地・住宅・マンションのそれぞれの査定の仕方について

 

今回は不動産売却の際に「いつお金が入金されるか」にフォーカスして、

解説をしていきたいと思います。

 

 

■売却代金を得られるタイミングは2

 

不動産売却において売却代金を支払われるタイミングは、

「売買契約時」と「決済・引渡し時」の2回あります。

 

 

■売買契約時

 

売買契約の際に手付金の受け渡しがあります。

 

不動産業界における商慣習として売買価格の10%とすることが多いようですが、

最近では手付金の金額も少なくなってきており、

1030万というケースも珍しくないようです。

 

また、このタイミングで不動産会社に発生する

仲介手数料の半額をお支払いするのが一般的です。

 

売買契約は購入希望者が見つかれば締結します。

 

売買契約が締結できる期間としては、

売り出しを開始してから、

大体3か月~6か月くらいかかります。

 

売り出しを開始しても購入希望者が現れない場合は、

もっと時間を要することになります。

 

しかし、ここで注意しなくてはいけないことがあります。

 

それは、手付金は使わない方が良いということです。

 

なぜか?手付解除のリスクがあるからです。

 

手付解除には2つのパターンがあります。

 

・手付放棄⇒買主が売買契約後に契約を解除したい場合は、手付金を手放すことで契約解除できること

・手付け倍返し⇒売主が売買契約後に契約を解除したい場合は、手付金×2の金額を買主に支払いをすれば契約解除できること

 

このようなリスクも考えられるため手付金が入ったからと言って、

すぐに使っていいというわけではありません。

 

売買代金の入金がすべて完結するまでは、

そのまま取っておいた方が良いでしょう。

 

ただ、手付解除は制約なしにむやみやたらに出来るものではなく、

一般的には不動産の売買契約締結後から2週間前後と期限が定められることが多いようです。

 

 

■決済・引渡し時

 

決済・引渡し時のタイミングで買主から、

売買価格から手付金を差し引いた残りの金額が支払われます。

 

この金額から仲介手数料の半額を不動産会社に支払った金額が、

あなたの手元に残るお金ということになります。

 

決済・引渡しまでには売買契約締結完了から、

1か月半かかります。

 

つまり、売却活動を開始してから売却代金が全額入金されるまでに、

4か月半~7か月半の期間がかかる計算になります。

 

また、決済・引渡しの際には売買代金の残りの金額の精算以外に、

固定資産税や管理費・修繕積立金などの精算も行われます。

 

売買金額以外の精算金については、

売主と買主の間で取り決められる項目になるため、

必ず清算をしなくてはいけないというものではありません。

 

 

■仲介手数料について

 

仲介手数料について前述した通りですが、

手付金の入金の際にその半額を支払うのが一般的です。

 

しかし、本来は売買契約締結の時点において、

不動産会社に100%の請求権が発生します。

 

そのため売買契約時に仲介手数料を全額請求されても

法律的な観点では違法行為には当たらないですが、

全額売買代金が入金されるまでは不動産会社に交渉事を任せなくてはいけないため、

気を緩ませないためにも売買契約時には半額に留めておくのが良いでしょう。

 

 

■まとめ

 

今回は家やマンションなどの不動産を売却して

入金されるまでの流れについて解説してきました。

 

結論としては不動産の売却活動を開始して、

手元に売買代金が全額入金されるまでには、

4か月半~7か月半の期間を要するということです。

 

ただし、あくまでこれは3ヶ月~6か月で、

購入希望者を見つけられた場合に限る話になるため、

購入希望者が見つからなくてはもっと時間がかかります。

 

一般のお客様から購入希望者を見つけるには時間がかかりますが、

不動産会社に直接不動産を買い取りの方法であれば、より早く現金化することが可能です。

 

もし札幌で不動産売却をご検討の方がいましたら、

ぜひ当社へご相談ください。

 

お客様のご状況から最適な売却プランをご提案させていただきます。



≪ 前へ|不動産を売却か賃貸はどっちが得?   記事一覧   ローン残債があっても住み替えする方法|次へ ≫
  • 売却査定
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
    会員物件数
    ロード中
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 更新情報

    2020-01-04
    株式会社スタンドエステートは札幌市白石区にある不動産会社で、不動産の売買・売却を得意としております。得意エリアは札幌市を中心に、北広島市、石狩市、江別市、石狩郡当別町を主に取り扱っております。(その他エリアもご紹介可能です)

    特に新着物件・値下げ情報や未公開物件には力を入れており、弊社が特別にご紹介出来るような物件もご用意しております。
    独自のネットワークでインターネットには出ていないような不動産の物件情報をご紹介することも可能です。
     非公開物件の閲覧は会員様限定のコンテンツで、スタンドエステートのホームページから無料で登録・利用が可能です。会員登録はこちら

    スタンドエステートでは、経験豊富なスタッフがご案内させて頂きますので物件やご紹介エリアの素朴な疑問にお答えいたします。
    また物件購入時の諸費用や住宅ローンについて金融機関の選び方や月々のお支払い金額など、ご紹介の物件に合わせてわかりやすく丁寧なご説明を心がけております。
     火災保険やお引越し等、各種サービスのご紹介は勿論のこと、瑕疵保険やインスペクションの対応などもお気軽にご相談下さい。

    不動産の購入だけではなく、札幌市を中心に不動産の売却をお考えの方も是非スタンドエステートにご相談下さい。素早く、正確な、高額査定を心掛け不動産の売却をお手伝いさせていただきます。
    スタンドエステートのホームページから不動産の売却査定を行うことが出来ます。売却査定はこちら

    弊社では無料で売却査定やホームページへの広告掲載をさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。不動産をお持ちで、相続や転勤等で現在お住まいになっていない物件など、新たな活用方法もご提案できるかと思います。
    お住まいのマンションや一戸建てが古くなり、どのように活用すれば良いか悩まれている方、買い替えを検討中の方は是非スタンドエステートにご相談下さい。素早い査定と、ご納得いただける条件で売却活動を行い、お客様の不動産売却を成功に導きます。
    2019-10-01
    札幌市の不動売却・買取査定専門サイト(土地・建物・収益等)
    詳細は下のバナーをクリック!

    更新情報一覧

  • お問い合わせ
  • 内部ブログ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社スタンドエステート
    • 〒003-0803
    • 北海道札幌市白石区菊水三条2丁目6-20
      多田ビル2F
    • TEL/011-887-0193
    • FAX/011-887-0183
    • 北海道知事石狩 (2) 第8029号
  • QRコード
  • 更新物件情報

    2020-09-27
    美園十二条7丁目 売地の情報を更新しました。
    2020-09-27
    ダイアパレス南30条の情報を更新しました。
    2020-09-27
    北海道札幌市南区南沢六条2丁目の売地の情報を更新しました。
    2020-09-27
    クリニックステーション厚別の情報を更新しました。
    2020-09-27
    クリーンリバー八軒の情報を更新しました。
    2020-09-27
    西野団地A棟の情報を更新しました。
    2020-09-27
    ダイアパレス琴似の情報を更新しました。
    2020-09-27
    キャッスルニッコーの情報を更新しました。
    2020-09-27
    マノワール麻生の情報を更新しました。
    2020-09-27
    エクセルシオール南6条の情報を更新しました。
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る