株式会社スタンドエステート > 株式会社スタンドエステートのスタッフブログ記事一覧 > 囲い込みについて解説

囲い込みについて解説

≪ 前へ|売却時に自宅にある残置物ってどうすればよい?   記事一覧   不動産を売却か賃貸はどっちが得?|次へ ≫

囲い込みについて解説

カテゴリ:売却コラム



みなさんは「囲い込み」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?

 

不動産売却を進めていく流れとして、

まず媒介契約を交わして売却活動を進める形となります。

 

売却活動開始後、時間が経っても一向に購入希望者の問い合わせがない…。

 

このような場合は囲い込みされている可能性がありますので注意が必要です。

 

囲い込みが行われることで、

お客様自身が不利益を被る可能性が非常に高くなります。

 

そして、驚愕の事実が名だたる大手不動産会社ほど

囲い込みの傾向が顕著であるということです。

 

現在、売却活動中もしくは売却を検討している方など

「囲い込み」という不動産業界の悪しき慣習を知らない方にこそ

ぜひ知って頂きたい内容になりますのでご一読ください。

 

 

■そもそも囲い込みって何?

 

囲い込みとは、媒介契約を交わした元付仲介業者が買い主も自社で探すために、

他の不動産会社からの購入希望の問い合わせを塞ぐ行為のことを言います。

 

なぜこのようなことが起こってしまうのか?

 

それは不動産仲介におけるビジネスモデルに原因があります。

 

 

■不動産仲介におけるビジネスモデル

 

不動産仲介においての収益源は「仲介手数料」です。

 

仲介手数料は「取引金額×3%6万円(税別)」と決まっています。

 

通常、不動産の仲介取引においては売り主と買い主のそれぞれに仲介業者が存在して、

物件の成約に至った場合、売り主と買い主のそれぞれから仲介手数料を頂くことで、

不動産仲介のビジネスは成り立っています。

 

「より高く不動産を売りたい」と考える売り主のため、

「なるべく安く買いたい」と考える買い主のため、

各不動産会社はそれぞれの依頼主様の利益追求ために交渉してくれます。

 

売り主の仲介を担当する会社と買い主の仲介を担当する会社が、

それぞれ異なる会社で行われる仲介取引を片手取引と言います。

 

これは一般的によくある通常の取引形態です。

 

これに対して、売り主の仲介と買い主の仲介を担当する会社が、

同じ会社で行われる取引を両手仲介と言います。

 

両手仲介をした場合、

「取引金額×3%6万円(税別)」×2の収益が1社に入ってきます。

 

取引を仲介する会社からすると、

両手仲介取引は2重で手数料を取ることが出来るため、

非常にオイシイ仕組みなのです。

 

 

■囲い込みの問題点

 

では、なぜ囲い込みが問題なのか。

 

下記の事例を見てみましょう。

 

札幌市のAさんは相続したマンションを売ろうと、

ある大手不動産会社と媒介契約を交わしました。

 

媒介契約を交わした不動産会社からは、

「この立地であれば、売却金額で4,000万円は下らないだろう」と言われました。

 

しかし、実際売り出しが始まってもなかなか売れません。

 

なぜか?それは媒介契約をした不動産会社が、

他の不動産会社からの問い合わせを

「既に他のお客様からで決まりそう」と嘘を付いていたのです。

 

そのようにして自社で買主を見つけられるまで、

他社には一切案内をしないようにします。

 

大手不動産会社からすると、

他の不動産会社が見つけた買主に売ったとしても

4,000万円×3%6万円で126万円の仲介手数料です。

 

しかし仮に自社で買主を見つけることが出来た場合、

500万円値引きをして売ったとしても3,500万円×3%6万円で111万円、

売り主からの仲介手数料を合わせると237万円になります。

 

物件金額を500万円値引きしたとしても、

片手仲介で取引するよりも100万円以上多く儲かるのです。

 

このように考えていくと、

売り主の考える「高く売りたい」という思いと買い主の考える「安く買いたい」、

この相反する2つの概念を1社で行うことは利益相反となります。

 

 

■まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

今回の解説のポイントとしてお伝えしたいことは、

両手仲介が問題なのではなく囲い込みが問題ということです。

 

両手仲介は1社で取引が進められるため、

申込から契約の流れがシンプルになるメリットもありますので、

少しでも高く売りたいということの優先順位が高くなければ、

両手仲介による取引の方がスムーズでオススメ出来ます。

 

ただしお伝えした通り、

少しでも高く売りたいと考える方にとっては、

両手仲介はオススメ出来ません。

 

札幌市で不動産売却を検討・進行している方で、

現在依頼している物件が囲い込みに合っていないかなど、

ご不安に思われた方がいたらぜひスタンドエステートへお気軽にご相談ください。

 

お客様の秘密厳守で物件のご状況などをお調べします。

 

囲い込みにあっていないかなどを含めて、

お客様にとって最も良い売却戦略をセカンドオピニオンとしてご提案いたします。



≪ 前へ|売却時に自宅にある残置物ってどうすればよい?   記事一覧   不動産を売却か賃貸はどっちが得?|次へ ≫
  • 売却査定
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
    会員物件数
    ロード中
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 更新情報

    2020-01-04
    株式会社スタンドエステートは札幌市白石区にある不動産会社で、不動産の売買・売却を得意としております。得意エリアは札幌市を中心に、北広島市、石狩市、江別市、石狩郡当別町を主に取り扱っております。(その他エリアもご紹介可能です)

    特に新着物件・値下げ情報や未公開物件には力を入れており、弊社が特別にご紹介出来るような物件もご用意しております。
    独自のネットワークでインターネットには出ていないような不動産の物件情報をご紹介することも可能です。
     非公開物件の閲覧は会員様限定のコンテンツで、スタンドエステートのホームページから無料で登録・利用が可能です。会員登録はこちら

    スタンドエステートでは、経験豊富なスタッフがご案内させて頂きますので物件やご紹介エリアの素朴な疑問にお答えいたします。
    また物件購入時の諸費用や住宅ローンについて金融機関の選び方や月々のお支払い金額など、ご紹介の物件に合わせてわかりやすく丁寧なご説明を心がけております。
     火災保険やお引越し等、各種サービスのご紹介は勿論のこと、瑕疵保険やインスペクションの対応などもお気軽にご相談下さい。

    不動産の購入だけではなく、札幌市を中心に不動産の売却をお考えの方も是非スタンドエステートにご相談下さい。素早く、正確な、高額査定を心掛け不動産の売却をお手伝いさせていただきます。
    スタンドエステートのホームページから不動産の売却査定を行うことが出来ます。売却査定はこちら

    弊社では無料で売却査定やホームページへの広告掲載をさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。不動産をお持ちで、相続や転勤等で現在お住まいになっていない物件など、新たな活用方法もご提案できるかと思います。
    お住まいのマンションや一戸建てが古くなり、どのように活用すれば良いか悩まれている方、買い替えを検討中の方は是非スタンドエステートにご相談下さい。素早い査定と、ご納得いただける条件で売却活動を行い、お客様の不動産売却を成功に導きます。
    2019-10-01
    札幌市の不動売却・買取査定専門サイト(土地・建物・収益等)
    詳細は下のバナーをクリック!

    更新情報一覧

  • お問い合わせ
  • 内部ブログ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社スタンドエステート
    • 〒003-0803
    • 北海道札幌市白石区菊水三条2丁目6-20
      多田ビル2F
    • TEL/011-887-0193
    • FAX/011-887-0183
    • 北海道知事石狩 (2) 第8029号
  • QRコード
  • 更新物件情報

    2020-09-20
    ライトハウス南沢の情報を更新しました。
    2020-09-20
    ダイアパレス南30条の情報を更新しました。
    2020-09-20
    美園十二条7丁目 売地の情報を更新しました。
    2020-09-20
    北海道札幌市南区南沢六条2丁目の売地の情報を更新しました。
    2020-09-20
    サーム広島インターB棟の情報を更新しました。
    2020-09-20
    エスカイア白石第一の情報を更新しました。
    2020-09-20
    白石グランドハイツの情報を更新しました。
    2020-09-20
    キャッスルニッコーの情報を更新しました。
    2020-09-20
    クリスタルパーク伏古公園の情報を更新しました。
    2020-09-20
    マッセル宮の森の情報を更新しました。
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る