株式会社スタンドエステート > 株式会社スタンドエステートのスタッフブログ記事一覧 > 売家が売れない時の策

売家が売れない時の策

≪ 前へ|収益物件で相続税対策!   記事一覧   売却時に自宅にある残置物ってどうすればよい?|次へ ≫

売家が売れない時の策

カテゴリ:売却コラム


住んでいる家や住まなくなった家、

または相続した家など何らかの理由で家を売り出した際に、

思っていた通りにいかず全然売れない…。

 

そのような状況に直面してはいませんか?

 

特に住んでいない家の売れない期間が続くと家の老朽化が進み、

ご近所トラブルの種になる可能性がありますので、

なるべく早めに状況を打開する必要があります。

 

また、家が売れないデメリットとして、

一戸建ての場合は固定資産税がかかり続けます。

 

マンションの場合であれば固定資産税に加えて、

管理費と修繕積立金がかかり続けることになり、

更に住宅ローンがある場合はそれも払い続ける必要があります。

 

そのため、誰しもがなるべく早く希望価格で売りたいと考えるかと思います。

 

一つお伝えできることとしては、

売れないのには必ず理由があるということです。

 

逆に言うと売れない理由を明確にして、

売れるための努力をすれば確実に売ることができると言うことです。

 

売れない多くの理由は買い主の希望価格に対して、

売り主が納得しないという理由です。

 

そこで今回は売れない家の対策について解説していきます。

 

 

■そもそもなぜ売れないか?

 

家が売れない期間が長く続く代表的な理由として、

下記の4点が挙げられます。

 

・売りたい価格と売れる価格が乖離している

売りに出している価格と相場が合っていないという理由です。

このような場合は価格設定を誤っていないか、

一度不動産会社と相談する必要があります。

 

・築年数が経過している

特にマンション売却の際に言えることですが、

築年数が経過しているために修繕積立金・管理費が高いと感じられ、

なかなか物件が売れないという理由です。

 

このような場合は、修繕積立金・管理費を含めた毎月の返済金額を

無理なく感じてもらうだけの売り出し価格に再調整する必要があります。

 

・同じマンション内で売却が重複している

こちらもマンションに限った話になりますが、

同じ建物において売却が重複している場合、

競合して売れにくくなってしまうことがあります。

 

このような状況の場合は価格競争に巻き込まれやすいため、

売却時期を見直すということを考えた方が良いかもしれません。

 

他の部屋が売れるのを待つことになりますが、

少し時期を置いて市況を見ながら売却した方が、

より良い条件で成約する可能性があります。

 

・媒介契約をした不動産会社に問題がある

売り出し価格が適正で物件の条件などにも問題がない場合は、

媒介契約した不動産会社の販売活動に問題があるかもしれません。

 

よくあるケースとして囲い込みによって、

売れない状況が続くという可能性もあります。

 

囲い込みとは不動産会社が売り主側と買い主側の両方から手数料をもらうために、

情報を他社に紹介しないということを言います。

 

この囲い込みは売り主に対する背任行為として問題視されていますが、

実際にはCMなどを行っている大手不動産会社でその傾向が強いです。

 

このような場合は媒介契約中であっても他社の不動産会社に相談したりして、

媒介契約自体を見直すということも視野に入れた方が良いでしょう。

 

ただし媒介契約は3ヶ月間と契約上の決まりがあるため、

一定期間は契約解除が出来ないので注意が必要です。

 

 

■よくある売れない家の特徴

 

・築年数の経っている木造住宅

一般論ではありますが築20年以上経過すると建物自体の価値はなくなると言われています。

 

・土地の形がいびつである

 

・接している道路が短い

 

・道路と家の土地に傾斜がかかっている

 

・面している唯一の道路が私道

 

・ヤンキーのたまり場が近くにある

 

・駅から極端に遠く、交通利便性が良くない

 

・その地域の経済が発展していない

 

・建売物件

 

このような家を売りに出す場合は、

希望価格で売れない可能性が高いです。

 

最初の売り出し価格が重要になるため、

不動産会社とよく相談してから価格決定、

売り出しを開始した方が良いでしょう。

 

 

■まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

お伝えした通り売れないのには必ず理由があります。

 

その理由を押さえた上でいかに売れる方法を考え実行していくかが、

売却を成功へと導くためには大切な考え方です。

当社は他社で依頼したけど長年売れなかったなどの訳あり物件も

これまで数々成約まで導いてきまいた。

 

同業者に売却依頼しているけどなかなか売れなくて困っている、

そのようなお悩みがある方はぜひ弊社までご相談ください。


≪ 前へ|収益物件で相続税対策!   記事一覧   売却時に自宅にある残置物ってどうすればよい?|次へ ≫
  • 売却査定
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
    会員物件数
    ロード中
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 更新情報

    2020-01-04
    株式会社スタンドエステートは札幌市白石区にある不動産会社で、不動産の売買・売却を得意としております。得意エリアは札幌市を中心に、北広島市、石狩市、江別市、石狩郡当別町を主に取り扱っております。(その他エリアもご紹介可能です)

    特に新着物件・値下げ情報や未公開物件には力を入れており、弊社が特別にご紹介出来るような物件もご用意しております。
    独自のネットワークでインターネットには出ていないような不動産の物件情報をご紹介することも可能です。
     非公開物件の閲覧は会員様限定のコンテンツで、スタンドエステートのホームページから無料で登録・利用が可能です。会員登録はこちら

    スタンドエステートでは、経験豊富なスタッフがご案内させて頂きますので物件やご紹介エリアの素朴な疑問にお答えいたします。
    また物件購入時の諸費用や住宅ローンについて金融機関の選び方や月々のお支払い金額など、ご紹介の物件に合わせてわかりやすく丁寧なご説明を心がけております。
     火災保険やお引越し等、各種サービスのご紹介は勿論のこと、瑕疵保険やインスペクションの対応などもお気軽にご相談下さい。

    不動産の購入だけではなく、札幌市を中心に不動産の売却をお考えの方も是非スタンドエステートにご相談下さい。素早く、正確な、高額査定を心掛け不動産の売却をお手伝いさせていただきます。
    スタンドエステートのホームページから不動産の売却査定を行うことが出来ます。売却査定はこちら

    弊社では無料で売却査定やホームページへの広告掲載をさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。不動産をお持ちで、相続や転勤等で現在お住まいになっていない物件など、新たな活用方法もご提案できるかと思います。
    お住まいのマンションや一戸建てが古くなり、どのように活用すれば良いか悩まれている方、買い替えを検討中の方は是非スタンドエステートにご相談下さい。素早い査定と、ご納得いただける条件で売却活動を行い、お客様の不動産売却を成功に導きます。
    2019-10-01
    札幌市の不動売却・買取査定専門サイト(土地・建物・収益等)
    詳細は下のバナーをクリック!

    更新情報一覧

  • お問い合わせ
  • 内部ブログ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社スタンドエステート
    • 〒003-0803
    • 北海道札幌市白石区菊水三条2丁目6-20
      多田ビル2F
    • TEL/011-887-0193
    • FAX/011-887-0183
    • 北海道知事石狩 (2) 第8029号
  • QRコード
  • 更新物件情報

    2020-09-20
    ライトハウス南沢の情報を更新しました。
    2020-09-20
    美園十二条7丁目 売地の情報を更新しました。
    2020-09-20
    ダイアパレス南30条の情報を更新しました。
    2020-09-20
    北海道札幌市南区南沢六条2丁目の売地の情報を更新しました。
    2020-09-20
    サーム広島インターB棟の情報を更新しました。
    2020-09-20
    エスカイア白石第一の情報を更新しました。
    2020-09-20
    白石グランドハイツの情報を更新しました。
    2020-09-20
    キャッスルニッコーの情報を更新しました。
    2020-09-20
    クリスタルパーク伏古公園の情報を更新しました。
    2020-09-20
    マッセル宮の森の情報を更新しました。
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る