株式会社スタンドエステート > 株式会社スタンドエステートのスタッフブログ記事一覧 > マンション売却において瑕疵担保責任はついて?

マンション売却において瑕疵担保責任はついて?

≪ 前へ|オーナーチェンジ物件を売る!売却査定について   記事一覧   札幌の土地が売れるまでの期間?|次へ ≫

マンション売却において瑕疵担保責任はついて?

カテゴリ:売却コラム


マンションなどの不動産売却時に重要な点の1つが瑕疵担保責任についてです。

 

瑕疵担保責任は基本的に売主が負わなくてはいけません。

 

しかし、あくまで買主が確認できなかった欠陥に対して行うなど、

瑕疵担保責任についてもちゃんと決まりがあります。

 

そこで今回はマンションなどの不動産売却において、

瑕疵担保責任はどっちが負うのかを解説していきます。

 

 

■そもそも瑕疵担保責任とは?

 

瑕疵担保責任とは、不動産の売買契約において売主が買主に責任を負うことを言います。

 

本テーマの結論から申し上げると瑕疵担保責任は、

「売主」が負う責任となります。

 

不動産売却において売主は、家の欠陥で知っている部分については、

買主に対して必ず事前に伝えなくてはいけないことになっております。

 

しかし、事前に知らない欠陥で不具合が発生した際に、

責任を負うことを瑕疵担保責任と言います。

 

一般的に家の売却において瑕疵担保責任となるケースが多いのが、

・雨漏り

・シロアリ被害

・地盤沈下

・給排水設備の不良

以上のような事例が多いです。

 

このような場合、売主は物件の補修や損害賠償に応じなくてはいけません。

最悪の場合、欠陥が重大で住むのが困難な場合は契約解除を求められることもあります。

 

 

■瑕疵担保責任の及ぶ期間と範囲

 

    期間について

民法の定めるところによると、「買主が隠れた瑕疵を知ってから1年以内に申し出れば、売主は瑕疵担保責任を負わなければならない」としています。

 

しかし、実際は売主が個人の場合には23ヵ月という期間、

瑕疵担保責任を負うことと定めているケースが一般的なようです。

 

ただし、売主が不動産会社の場合には宅地建物取引業法に定められている通り、

瑕疵担保責任を負う期間を2年以上に設定しなくてはいけません。

 

    範囲について

瑕疵担保責任の期間を設定するのと同じくらい重要な点が、

瑕疵担保責任を負う範囲についてです。

 

こちらも責任を負う範囲について売買契約書に明記をしなくては、

後々に床や壁の細かなキズの補修などを請求される可能性があるからです。

 

売買契約書の作成次第で後の大きなトラブルを回避することが出来るため、

媒介契約をした不動産会社としっかり打ち合わせをして契約書の内容を決めると良いでしょう。

 

 

■住宅診断(ホームインスペクション)

 

ホームインスペクションとは、住宅に精通したホームインスペクター(住宅診断士)が、

住宅の状況を確認して改修すべき箇所や時期、大体の費用などを算出して、

アドバイスを行う専門業務のことを指します。

 

実際、アメリカでは州によって差はありますが、

不動産取引全体の79割の割合でホームインスペクションが行われており、

日本においても近年普及し始めています。

 

ホームインスペクションは不動産取引を円滑に進めていく上では、

今後必須の概念となってくる可能性が高いので、

売買取引をする時にはホームインスペクションを行うべきかどうか、

媒介契約を結んでいる不動産会社と相談すると良いでしょう。

 

 

■まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

今回はマンションなどの不動産売却において瑕疵担保責任はどっちが負うの?をテーマに解説をしてきました。

 

総括してお伝えしたいのは、

・瑕疵担保責任は原則売主が負う

・後々のトラブルを無くすために不動産売買契約書の内容をしっかり相談して決める

 

不動産売却を検討の際はこの2点に特に注意してください。

 

瑕疵担保責任についてなど不動産売却の上でご相談があれば、

当社までにお気軽にご連絡下さい。

 

専門スタッフがあなたの状況に合った的確なアドバイスをさせて頂きます。



≪ 前へ|オーナーチェンジ物件を売る!売却査定について   記事一覧   札幌の土地が売れるまでの期間?|次へ ≫
  • 売却査定
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
    会員物件数
    ロード中
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 更新情報

    2020-01-04
    株式会社スタンドエステートは札幌市白石区にある不動産会社で、不動産の売買・売却を得意としております。得意エリアは札幌市を中心に、北広島市、石狩市、江別市、石狩郡当別町を主に取り扱っております。(その他エリアもご紹介可能です)

    特に新着物件・値下げ情報や未公開物件には力を入れており、弊社が特別にご紹介出来るような物件もご用意しております。
    独自のネットワークでインターネットには出ていないような不動産の物件情報をご紹介することも可能です。
     非公開物件の閲覧は会員様限定のコンテンツで、スタンドエステートのホームページから無料で登録・利用が可能です。会員登録はこちら

    スタンドエステートでは、経験豊富なスタッフがご案内させて頂きますので物件やご紹介エリアの素朴な疑問にお答えいたします。
    また物件購入時の諸費用や住宅ローンについて金融機関の選び方や月々のお支払い金額など、ご紹介の物件に合わせてわかりやすく丁寧なご説明を心がけております。
     火災保険やお引越し等、各種サービスのご紹介は勿論のこと、瑕疵保険やインスペクションの対応などもお気軽にご相談下さい。

    不動産の購入だけではなく、札幌市を中心に不動産の売却をお考えの方も是非スタンドエステートにご相談下さい。素早く、正確な、高額査定を心掛け不動産の売却をお手伝いさせていただきます。
    スタンドエステートのホームページから不動産の売却査定を行うことが出来ます。売却査定はこちら

    弊社では無料で売却査定やホームページへの広告掲載をさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。不動産をお持ちで、相続や転勤等で現在お住まいになっていない物件など、新たな活用方法もご提案できるかと思います。
    お住まいのマンションや一戸建てが古くなり、どのように活用すれば良いか悩まれている方、買い替えを検討中の方は是非スタンドエステートにご相談下さい。素早い査定と、ご納得いただける条件で売却活動を行い、お客様の不動産売却を成功に導きます。
    2019-10-01
    札幌市の不動売却・買取査定専門サイト(土地・建物・収益等)
    詳細は下のバナーをクリック!

    更新情報一覧

  • お問い合わせ
  • 内部ブログ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社スタンドエステート
    • 〒003-0803
    • 北海道札幌市白石区菊水三条2丁目6-20
      多田ビル2F
    • TEL/011-887-0193
    • FAX/011-887-0183
    • 北海道知事石狩 (2) 第8029号
  • QRコード
  • 更新物件情報

    2020-09-27
    ダイアパレス南30条の情報を更新しました。
    2020-09-27
    美園十二条7丁目 売地の情報を更新しました。
    2020-09-27
    北海道札幌市南区南沢六条2丁目の売地の情報を更新しました。
    2020-09-27
    クリニックステーション厚別の情報を更新しました。
    2020-09-27
    クリーンリバー八軒の情報を更新しました。
    2020-09-27
    西野団地A棟の情報を更新しました。
    2020-09-27
    ダイアパレス琴似の情報を更新しました。
    2020-09-27
    キャッスルニッコーの情報を更新しました。
    2020-09-27
    マノワール麻生の情報を更新しました。
    2020-09-27
    エクセルシオール南6条の情報を更新しました。
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る