株式会社スタンドエステート > 株式会社スタンドエステートのスタッフブログ記事一覧 > 古家付き土地を売却するための方法とメリットとデメリットについて

古家付き土地を売却するための方法とメリットとデメリットについて

≪ 前へ|札幌のオーナーチェンジ物件売却のため知っておくこと   記事一覧   相続した古家付き土地に住む?OR売却?|次へ ≫

古家付き土地を売却するための方法とメリットとデメリットについて

カテゴリ:売却コラム



戸建て住宅は築年数が20~25年経過すると、

建物自体の価値はほとんど無くなると言われています。

 

古家付きの土地とは、中古戸建として販売されているものと違い、

築年数が経過していて経済的価値がない住宅が建っている土地のことです。

 

空き家問題が社会化していくのに比例して、

当社にも本件に関するお問い合わせが多くなっています。

 

一般論として古家付き土地に関して言うと、

土地だけの取引と同様のものと考えられています。

 

しかし、実際の取引の現場では、

古家付き土地よりも更地の土地の方が売却する金額が高く付く傾向にありますが、

これは単純に売主が解体工事の費用を上乗せして売りに出しているからです。

 

解体工事の費用負担を売主がするのか買主がするのかで、売却金額が変わるのです。

 

その前提を踏まえた上で、

古家付き土地を売却するための3つの方法について解説していきます。

 

 

    そのままの状態で売る方法

 

売主にとって一番手間がかからない方法です。

 

【メリット】

・住宅の解体費用がかからない

・固定資産税が上がらない

 

【デメリット】

・瑕疵担保責任を負わなくてはいけない可能性がある

・売却金額が安くなる可能性がある

 

 

    古家をリフォームしてから売りに出す方法

 

今ある古家をリフォームして売りに出す方法です。

 

この方法で注意しなくてはいけない点が1点あります。

 

例えば、住宅を1,000万かけて丸ごとリフォーム工事をしたからと言って、

売却金額が同様に1,000万上乗せして売れるとは必ずしも限らないからです。

 

今の物件状況などを考えた上で、

慎重に不動産会社と相談して決めた方が良いでしょう。

 

【メリット】

・中古戸建の購入を検討している方にアピールしやすい

・固定資産税が上がらない

 

【デメリット】

・リフォームの工事費用がかかる

・瑕疵担保責任を負わなくてはいけない可能性がある

 

 

    更地にして売る方法

 

これは今ある古家を解体して土地だけの状態で売りに出すという方法です。

前述した通り、古家には経済的価値がないため土地と同様のものとして取引されます。

 

【メリット】

・早く土地が売れる可能性がある

⇒中古よりも新築で建てたいというニーズの方が高いため

・瑕疵担保責任を負わなくてよい

 

【デメリット】

・固定資産税が上がる

・解体工事費用がかかる

 


    まとめ

 

今回は古家付きの土地を売却するための3つの方法と

メリットデメリットについて解説してきました。

 

古家付きの土地を解体してから売却をする際の注意点として、

古家が建てられた時には法律で認められていたとしても、

今の法律に合わせると建物自体を建てられない可能性があります。

 

このような土地は既存不適格、再建築不可と言われていて、

価値が低い土地とみなされています。

 

また、仮に建物を建てられたとしても古家の解体した後は、

元の古家よりも小さい建物しか建てられないといった可能性もあります。

 

そのため仮に解体してから更地にして売り出しをする場合は、

過去と現在の法律を比較して再建築不可かどうかなどを

事前に確認した上で売却戦略を立てた方が良いでしょう。

 

このように考えるとまずは古家付き土地を売却する場合は、

そのままの状態で売りに出すのがベターと言えます。

 

なぜなら冒頭に記述した通り、

一般論として古家付き土地は土地だけの取引と

同様のものと考えられているからです。

 

もし売れない期間が長く続くようであれば、

解体工事をして更地で売り出すのも良いと思いますが、

最初から解体工事費用をかけてまで更地にする必要はないかと思います。

 

当社ではこれまで札幌市内で様々な古家付き土地を売却してきました。

その経験・実績からお客様の不動産を少しでも高く売るために、

どのような方法を取ったら良いか最適なアドバイスをすることが出来ます。

 

もし札幌市で古家付き土地を売却検討している方がいらっしゃれば、

スタンドエステートへぜひ一度ご相談ください。



≪ 前へ|札幌のオーナーチェンジ物件売却のため知っておくこと   記事一覧   相続した古家付き土地に住む?OR売却?|次へ ≫
  • 売却査定
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
    会員物件数
    ロード中
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 更新情報

    2020-01-04
    株式会社スタンドエステートは札幌市白石区にある不動産会社で、不動産の売買・売却を得意としております。得意エリアは札幌市を中心に、北広島市、石狩市、江別市、石狩郡当別町を主に取り扱っております。(その他エリアもご紹介可能です)

    特に新着物件・値下げ情報や未公開物件には力を入れており、弊社が特別にご紹介出来るような物件もご用意しております。
    独自のネットワークでインターネットには出ていないような不動産の物件情報をご紹介することも可能です。
     非公開物件の閲覧は会員様限定のコンテンツで、スタンドエステートのホームページから無料で登録・利用が可能です。会員登録はこちら

    スタンドエステートでは、経験豊富なスタッフがご案内させて頂きますので物件やご紹介エリアの素朴な疑問にお答えいたします。
    また物件購入時の諸費用や住宅ローンについて金融機関の選び方や月々のお支払い金額など、ご紹介の物件に合わせてわかりやすく丁寧なご説明を心がけております。
     火災保険やお引越し等、各種サービスのご紹介は勿論のこと、瑕疵保険やインスペクションの対応などもお気軽にご相談下さい。

    不動産の購入だけではなく、札幌市を中心に不動産の売却をお考えの方も是非スタンドエステートにご相談下さい。素早く、正確な、高額査定を心掛け不動産の売却をお手伝いさせていただきます。
    スタンドエステートのホームページから不動産の売却査定を行うことが出来ます。売却査定はこちら

    弊社では無料で売却査定やホームページへの広告掲載をさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。不動産をお持ちで、相続や転勤等で現在お住まいになっていない物件など、新たな活用方法もご提案できるかと思います。
    お住まいのマンションや一戸建てが古くなり、どのように活用すれば良いか悩まれている方、買い替えを検討中の方は是非スタンドエステートにご相談下さい。素早い査定と、ご納得いただける条件で売却活動を行い、お客様の不動産売却を成功に導きます。
    2019-10-01
    札幌市の不動売却・買取査定専門サイト(土地・建物・収益等)
    詳細は下のバナーをクリック!

    更新情報一覧

  • お問い合わせ
  • 内部ブログ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社スタンドエステート
    • 〒003-0803
    • 北海道札幌市白石区菊水三条2丁目6-20
      多田ビル2F
    • TEL/011-887-0193
    • FAX/011-887-0183
    • 北海道知事石狩 (2) 第8029号
  • QRコード
  • 更新物件情報

    2020-09-24
    ダイアパレス南30条の情報を更新しました。
    2020-09-24
    美園十二条7丁目 売地の情報を更新しました。
    2020-09-24
    2ミカエルマンションの情報を更新しました。
    2020-09-24
    グループホーム(住宅型有料老人ホーム・障害者支援施設)の情報を更新しました。
    2020-09-24
    レジデンスオークラの情報を更新しました。
    2020-09-24
    マノワール麻生の情報を更新しました。
    2020-09-24
    デザイナーズヴァレーの情報を更新しました。
    2020-09-24
    17条ハイツの情報を更新しました。
    2020-09-24
    月寒東4-16連棟住宅の情報を更新しました。
    2020-09-24
    ノースパレスABの情報を更新しました。
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る