株式会社スタンドエステート > 株式会社スタンドエステートのスタッフブログ記事一覧 > 相続なので突然マンションオーナーになったとき

相続なので突然マンションオーナーになったとき

≪ 前へ|札幌のマンション売却をお考えの方へ、マンションに住んだままで売却って出来るの~?   記事一覧   住宅インスペクション(住宅検査)のススメ。|次へ ≫

相続なので突然マンションオーナーになったとき

カテゴリ:売却コラム



早速ですが、質問です。

みなさんはアパート経営にどのようなイメージをお持ちでしょうか?

「働かずにお金がもらえるなんて羨ましい」「ずっとお金がもらえるから将来安泰だ」

などなど、

人からは羨ましがられることも多いアパート経営ですが、実はそう簡単なものではありません。

不動産購入のために多額の借金をするケースや空室リスク、ましてや相続で取得する場合は築年数が経過していることがほとんどですので尚更大変です。

今回はそのような、親から引き継いだアパートの経営について解説していきます。

 

 

■アパート経営のむずかしさ

 

今回はアパートを相続したケースについての解説ですが、そもそものところアパート経営自体がそう簡単なことではありません。

購入初期は入居者も多く、家賃の面でも問題ないのですが、築年数が経過するにつれて様々な問題が発生してきます。

    空室のリスク

ここ最近は新築物件の過剰な建設により、賃貸住宅市場では供給過剰を起こっています。そんな状況ですから競争力の弱い老朽化した物件では常に空室が目立ちます。

    賃料の下落

空室リスクと同様に、需給ギャップや築年数が経過していることによる競争力の低下を原因に賃料の下落が起こります。

    定期的な修繕

築年数の経過により、様々な部分で経年劣化が起こります。これに伴い修繕費の負担が定期的に発生します。

3つすべてにおいて築年数の経過が原因の一つとなりますが、親のアパートを相続する場合は多くのケースでこの問題に直面します。

アパート経営に明るい方であれば対応策を講じることができますが、相続により取得する方の多くはアパート経営の経験がないため苦労します。

このように相続したアパートを経営することは、それほど簡単なことではありません。

 

 

■管理会社の見直し 


上記で挙げた3つの問題点を改善するためにできることはないのでしょうか?

 

直接的な解決ではありませんが、管理会社の見直しをすることが問題の改善につながるケースもあります。

全ての管理会社がそうではありませんが、一部の会社では付き合いが長くなると、慣れがダレになり、だんだん緊張感のない関係となって管理業務がおろそかになることもあります。

 

空室が発生した場合も、入居者を積極的に探そうとしないような会社も残念ながらあります。

今までの管理会社は、親の代からの長い付き合いがある会社で変更するのは憚られるかもしれません。しかし相続後は昔からの付き合いのある管理会社よりも、より管理業務に熱心な会社にお願いしたほうが空室や家賃下落は抑えられる可能性は高まります。

 

また、アパートの管理料は、賃料の5%が一般的ですが、管理会社の変更のタイミングで管理料の料率を下げられないかの交渉をする価値もあります。5%だった管理料が4%になるだけで、1%ですが金額で考えると年間20%のコストカットになります。

 

 

■売却も検討する

 

親から古いアパートを引き継ぐとき、親の所有していた時代よりも様々な面で条件が悪くなっている可能性があります。

上記で挙げた3つの問題や、それ以外にも経過年数に応じて減価償却費も減少していきます。減価償却費とは。有形固定資産の価値の減少を示すもので、支出を伴わない経費で節税効果があります。減価償却費が減ると言う事は、その分支払う税金は多くなり、税引き後の利益が親の時代よりも少なくなることになります。

 

賃貸アパート・マンションが過剰供給気味になってきた昨今、安定したアパート経営を行うことは並大抵のことではありません。相続で取得したアパートを経験のない方が経営するとなると尚更大変です。

親から相続したからといって必ずしも所有するのではなく、収入と維持管理の手間やコストを比較し、売却を検討することも必要かと思います

 

 

■最後に

 

いかがでしたでしょうか?

今回は親の相続で引き継いだアパートの経営について解説しました。

親が経営していた時代よりも難しくなっているアパートの経営。

浮かび上がる問題点やその対応策など、皆さまの今後の参考になれば幸いです。

相続不動産のことでお困りのことがございましたら、相続不動産の取り扱い実績多数のスタンドエステートにご相談ください!



≪ 前へ|札幌のマンション売却をお考えの方へ、マンションに住んだままで売却って出来るの~?   記事一覧   住宅インスペクション(住宅検査)のススメ。|次へ ≫
  • 売却査定
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
    会員物件数
    ロード中
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 更新情報

    2020-07-07
    検索エンジンその2新設!

    ↓種別毎の入口はこちら↓



    2020-01-04
    株式会社スタンドエステートは札幌市白石区にある不動産会社で、不動産の売買・売却を得意としております。得意エリアは札幌市を中心に、北広島市、石狩市、江別市、石狩郡当別町を主に取り扱っております。(その他エリアもご紹介可能です)

    特に新着物件・値下げ情報や未公開物件には力を入れており、弊社が特別にご紹介出来るような物件もご用意しております。
    独自のネットワークでインターネットには出ていないような不動産の物件情報をご紹介することも可能です。
     非公開物件の閲覧は会員様限定のコンテンツで、スタンドエステートのホームページから無料で登録・利用が可能です。会員登録はこちら

    スタンドエステートでは、経験豊富なスタッフがご案内させて頂きますので物件やご紹介エリアの素朴な疑問にお答えいたします。
    また物件購入時の諸費用や住宅ローンについて金融機関の選び方や月々のお支払い金額など、ご紹介の物件に合わせてわかりやすく丁寧なご説明を心がけております。
     火災保険やお引越し等、各種サービスのご紹介は勿論のこと、瑕疵保険やインスペクションの対応などもお気軽にご相談下さい。

    不動産の購入だけではなく、札幌市を中心に不動産の売却をお考えの方も是非スタンドエステートにご相談下さい。素早く、正確な、高額査定を心掛け不動産の売却をお手伝いさせていただきます。
    スタンドエステートのホームページから不動産の売却査定を行うことが出来ます。売却査定はこちら

    弊社では無料で売却査定やホームページへの広告掲載をさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。不動産をお持ちで、相続や転勤等で現在お住まいになっていない物件など、新たな活用方法もご提案できるかと思います。
    お住まいのマンションや一戸建てが古くなり、どのように活用すれば良いか悩まれている方、買い替えを検討中の方は是非スタンドエステートにご相談下さい。素早い査定と、ご納得いただける条件で売却活動を行い、お客様の不動産売却を成功に導きます。
    2019-10-01
    札幌市の不動売却・買取査定専門サイト(土地・建物・収益等)
    詳細は下のバナーをクリック!

    更新情報一覧

  • お問い合わせ
  • 内部ブログ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社スタンドエステート
    • 〒003-0803
    • 北海道札幌市白石区菊水三条2丁目6-20
      多田ビル2F
    • TEL/011-887-0193
    • FAX/011-887-0183
    • 北海道知事石狩 (2) 第8029号
  • Twitter
  • QRコード
  • 更新物件情報

    2020-07-14
    ライトハウス南沢の情報を更新しました。
    2020-07-14
    ダイアパレス南30条の情報を更新しました。
    2020-07-14
    美園十二条7丁目 売地の情報を更新しました。
    2020-07-14
    曙11条二世帯住宅の情報を更新しました。
    2020-07-14
    デザイナーズヴァレーの情報を更新しました。
    2020-07-14
    北海道札幌市南区南沢六条2丁目の売地の情報を更新しました。
    2020-07-14
    レジデンスオークラの情報を更新しました。
    2020-07-14
    ビバ南郷Bの情報を更新しました。
    2020-07-14
    月寒東4-16連棟住宅の情報を更新しました。
    2020-07-14
    サンタフェの情報を更新しました。
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る