株式会社スタンドエステート > 株式会社スタンドエステートのスタッフブログ記事一覧 > 実家のマンションを相続したときのポイントレッスン

実家のマンションを相続したときのポイントレッスン

≪ 前へ|親が老人ホームに入居した場合の相続や譲渡の特例の活用法について   記事一覧   売れる?市街化調整区域の売買について。|次へ ≫

実家のマンションを相続したときのポイントレッスン

カテゴリ:売却コラム


今回は実家のマンションを相続したときにまつわるコラムです。

 

・実家のマンションを相続したとき

・相続したマンションを売却したとき

・売却しないで所有するときに

 

それぞれのタイミングのポイントについて詳しく解説します。

 


■マンションを相続したとき

 

まずは、実家のマンションを相続したときについてのポイントです。

相続不動産の案件に携わったときよく耳にするのが、相続税についてのご不安です。

ただ意外に思われるかもしれませんが、相続する財産がマンションのみ又はマンションと少額の現預金の場合、多くのケースで相続税はかかりません。

 

相続税は、正味の遺産額から【3,000万円+600万円×法定相続人の数】を控除した金額にかかります。換言するとこの控除額を超えない限り相続税は発生しません。

 

計算例)配偶者なし子2人の場合(法定相続人が2)

3,000万円+600万円×2人=4,200万円

この家族の場合、正味の遺産額が4,200万円を超えない限り相続税は発生しません。

 

都心でない限り中古マンションが4,200万円以上の高値で売却できるケースは稀であり、現預金などその他の遺産がない又はあったとしてもそれほど多くない場合は、相続による税金の心配はいらないでしょう。

 

※相続についての一連の流れについてはこちらのコラムをご参照ください。

 

 

■マンションを売却したとき

 

次のポイントは、相続したマンションを売却(譲渡)したときについてです。

 

 

・マンション等の不動産を売却した際に、その儲け(譲渡所得)に対して譲渡所得税が課税されます。

 

【計算式】

収入金額-(取得費+譲渡費用)=譲渡所得

譲渡所得-特別控除=課税譲渡所得

課税譲渡所得×税率=譲渡所得税

 

所有期間に応じて税率が約20%または約39%になります。

また、所有期間は相続したタイミングではなく、被相続人が取得した時期から所有したものとなります。

【家を売るときにかかる税金ってどのくらい?】で詳しく解説しています。ご参照ください。

 

・自らが住んだことがない親の家を相続し、平成2841日から311231日までに売却したとき、一定の要件を満たす場合には3,000万円特別控除を受けることができます。

【家を相続したあなたへ。相続不動産の売却に関する税金について】で詳しく解説しています。ご参照ください。

 

・マンション売却の場合、先祖代々から受け継いだ戸建や土地の売却よりも取得時の資料が残っており、譲渡所得税の計算上有利なケースが多々あります。

また、3,000万円特別控除の要件を満たせば譲渡所得税そのものがかからなくなるケースも少なくありません。

 

 

■売却しないで所有するとき

 

同居しているマンションを相続するのであれば、特に問題はありません。

注意しなければならないのが、自らが住んでいない親のマンションを相続する場合です。

 

相続税や譲渡所得税に目を奪われ、意外と見落としがちなのが維持管理のコストです。

2,000万円ほどのマンションを相続した場合、固定資産税等は年20万円ほどかかります。

 

また、税金以外にも管理費や修繕積立金がかかり、それぞれ15,000円とすると年間で36万円かかります。固定資産税等と合わせると約56万円かかることになります。

仮に5年間所有したまま放置した場合、約280万円もの維持管理コストがかかります。

 

収益物件にできればよいかもしれませんが、賃貸に出すためにはリフォームが必要であったり、仮に借り手がついたとしても常に空室リスクもあります。

収益物件にする場合は、収益と費用についてしっかりシミュレーションをしなければなりません。

 

 

■最後に

 

いかがでしたでしょうか?

今回は実家のマンションを相続した場合のポイントについて解説しました。

 

特に維持管理のコストについては見落としやすく重要なポイントです。

住む予定のないマンションを保有することは、時として皆さまの大切なご資産をいたずらに消費することになります。

賃貸にだせば収益物件として価値を生む可能性もありますが、安定して借り手がつくかどうかはリスクでもあり、私共としては売却を強くお勧めいたします。

 

売却をご検討の場合、マンション価格は立地条件で大きくかわるため、相場をしっかりと調査する必要があります。信頼できる不動産会社を見つけることが、早期売却のために欠くことのできない条件ともいえます。

 

相続したマンションや住宅の扱いにお困りの方がいらっしゃいましたら、スタンドエステートにご相談ください。

それぞれの状況を鑑みた最適解をご提案いたします。


≪ 前へ|親が老人ホームに入居した場合の相続や譲渡の特例の活用法について   記事一覧   売れる?市街化調整区域の売買について。|次へ ≫
  • 売却査定
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
    会員物件数
    ロード中
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 更新情報

    2020-01-04
    株式会社スタンドエステートは札幌市白石区にある不動産会社で、不動産の売買・売却を得意としております。得意エリアは札幌市を中心に、北広島市、石狩市、江別市、石狩郡当別町を主に取り扱っております。(その他エリアもご紹介可能です)

    特に新着物件・値下げ情報や未公開物件には力を入れており、弊社が特別にご紹介出来るような物件もご用意しております。
    独自のネットワークでインターネットには出ていないような不動産の物件情報をご紹介することも可能です。
     非公開物件の閲覧は会員様限定のコンテンツで、スタンドエステートのホームページから無料で登録・利用が可能です。会員登録はこちら

    スタンドエステートでは、経験豊富なスタッフがご案内させて頂きますので物件やご紹介エリアの素朴な疑問にお答えいたします。
    また物件購入時の諸費用や住宅ローンについて金融機関の選び方や月々のお支払い金額など、ご紹介の物件に合わせてわかりやすく丁寧なご説明を心がけております。
     火災保険やお引越し等、各種サービスのご紹介は勿論のこと、瑕疵保険やインスペクションの対応などもお気軽にご相談下さい。

    不動産の購入だけではなく、札幌市を中心に不動産の売却をお考えの方も是非スタンドエステートにご相談下さい。素早く、正確な、高額査定を心掛け不動産の売却をお手伝いさせていただきます。
    スタンドエステートのホームページから不動産の売却査定を行うことが出来ます。売却査定はこちら

    弊社では無料で売却査定やホームページへの広告掲載をさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。不動産をお持ちで、相続や転勤等で現在お住まいになっていない物件など、新たな活用方法もご提案できるかと思います。
    お住まいのマンションや一戸建てが古くなり、どのように活用すれば良いか悩まれている方、買い替えを検討中の方は是非スタンドエステートにご相談下さい。素早い査定と、ご納得いただける条件で売却活動を行い、お客様の不動産売却を成功に導きます。
    2019-10-01
    札幌市の不動売却・買取査定専門サイト(土地・建物・収益等)
    詳細は下のバナーをクリック!

    更新情報一覧

  • お問い合わせ
  • 内部ブログ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社スタンドエステート
    • 〒003-0803
    • 北海道札幌市白石区菊水三条2丁目6-20
      多田ビル2F
    • TEL/011-887-0193
    • FAX/011-887-0183
    • 北海道知事石狩 (2) 第8029号
  • QRコード
  • 更新物件情報

    2020-09-22
    ライトハウス南沢の情報を更新しました。
    2020-09-22
    サンハイツ南5条の情報を更新しました。
    2020-09-22
    美園十二条7丁目 売地の情報を更新しました。
    2020-09-22
    ダイアパレス南30条の情報を更新しました。
    2020-09-22
    北海道札幌市南区南沢六条2丁目の売地の情報を更新しました。
    2020-09-22
    ステイツ美園の情報を更新しました。
    2020-09-22
    ドミール福住1条の情報を更新しました。
    2020-09-22
    メゾン・ド・ラバンドの情報を更新しました。
    2020-09-22
    石田セントラルコーポの情報を更新しました。
    2020-09-22
    グレートヒル北18条の情報を更新しました。
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る