築古の実家は売却できる?困った時の解決策

2021年01月06日

築古の実家は売却できる?売却に困ったときの3つの解決策

築古物件とは「建てられてから年月の経った古い物件」のことです。

古い物件といえば中古物件を想像するかもしれません。
築古という言葉が使われている物件の場合は、中古物件の中でも特に古い物件を指します。
中古物件という言葉の場合は中古の不動産全般を意味しますが、築古物件の場合はおおむね「築25~30年ほどの物件」や
「昭和の物件」「耐用年数オーバーの物件」などを意味します。

札幌に築古物件の実家を所有している場合、
古い家屋だからなかなか不動産売却できないかもしれないと諦めてしまうケースがあります。
築古の実家の処分で困っている人に、築古実家の売却の可否や、売却に困ったときの解決策を説明します。

築古の実家は売却できるのか

築古の実家は売却可能です。
古い物件は「買い手がつかないだろう」「実家を欲しがるような人はいないだろう」という思考から、
札幌の実家を放置する人も少なくありません。
しかし、築古の実家でもポイントさえおさえれば売却できます。
築古の実家だからと諦めず、不動産会社に相談してみるといいでしょう。

築古の実家でも、所有し続けると維持費用がかかります。
築古の実家を放置すると倒壊などのリスクがある他、草木が生い茂って景観や衛生状況にマイナスになる可能性もあるのです。
近隣住民からクレームが出ることもあります。
何より、築古の実家をそのままにしておくと、固定資産税がかかります。
維持管理費用をおさえても、固定資産税は税金ですからおさえることが難しいのです。
築古の実家を所有しているなら、維持の負担を軽減するためにも、いずれかの段階で売却を検討する必要があります。

築古の実家を売却するときの解決策

築古の実家自体は問題なく売却できます。
ですが一般的に、築古のため比較的新しい中古物件より販路や買い手は限られます。
築古の実家を売却する場合は、3つの解決策に気をつけて、築古物件を「買い手が買いやすくする」ことが重要です。

・築古の実家をリフォームするのではなく値下げを検討する
・築古の実家は実家だけでなく土地もセットで売却する
・築古の売却を得意としている不動産会社に売却を依頼する

中古不動産を売却するときにリフォームして売却することがあります。
築古の実家売却では特にリフォームせず売却するのがポイントのひとつです。
築古を自由にカスタマイズすることが好きな買い手もいますので、リフォームしてから売却相談をするのではなく、
まず売却相談をすることがポイントになります。

築古の実家を解体すると、解体費用が必要になります。
土地と築古の実家をセットで買ってくれる人もいます。
買い手が見つかってから解体を相談するという方法もあるのです。

築古の場合は、古い物件の扱いを得意としている不動産会社に相談することもポイントになります。
築古物件を得意としている不動産会社の場合は販路を把握しており売却にも慣れていますので、
他の不動産会社で「売れない」といわれても、対応できる可能性があります。

最後に

築古の実家は売却可能です。
築古の実家を売却するときは、いきなりリフォームせず相談することや、
築古の売却を得意とする不動産会社に相談するなど、ポイントをおさえて進めましょう。

築古の実家売却はスタンドエステートにお任せください。

売却バナー