札幌の不動産売却で使える3つの税金対策

2021年03月31日

不動産売却のときは売却益に対して税金がかかります。
不動産売却時に税金対策まで考えて行わないと、
予想外の課税により不動産売却金が予想より少なくなってしまう可能性があるのです。

この記事では不動産売却で使える3つの税金対策について説明します。


不動産売却の税金とは?

不動産売却では主に3つの税金がかかります。

・印紙税
・登録免許税
・所得税と住民税

印紙税とは不動産売却の契約書に貼る印紙のことです。
登録免許税とは札幌の不動産の登記の際に支払う税金のことになります。
印紙税や不動産売却の価格によって変わってきますし、登録免許税は登記の内容などによっても額が変わるのです。
印紙税や登録免許税は不動産売却の手続きにかかる費用になります。

不動産売却で最も高額になりがちな税金は所得税と住民税です。
所得税と住民税は不動産売却で利益が出た場合に課税される税金になります。
3つの税金の中でも高額になりがちな所得税と住民税の税金対策をしておくことが重要です。


不動産売却の税金対策

不動産売却の税金対策には3つの方法があります。

・不動産売却の税金について知っておく

不動産売却の税金の中でも特に課税額が大きくなりがちなのが所得税と住民税です。
このふたつの税金について知っておくことが税金対策になります。

不動産売却をしたからといって即座に所得税と住民税が課税されるわけではありません。
所得税などは不動産売却で利益が発生してはじめて税金が課税されます。
1,000万円で不動産売却できたからといって、その1,000万円に即座に課税されるわけではないのです。

不動産売却の利益は取得費や諸費用を引いて求めます。
1,000万円から取得費や諸費用を引いて利益がなければ税金の課税対策にはなりません。
税金対策をするためにも不動産売却の税金知識を深めておきましょう。

・不動産売却の税金を試算しておく

不動産売却の税金が発生しそうなときは、
どのくらいの税金額になるか試算しておくと税金の支払いがスムーズになります。
あらかじめ税金額を把握して不動産売却をすることも税金対策ではないでしょうか。
税理士や不動産会社などに相談し、税金額を試算するなど税金対策を話し合ってみてください。

・不動産売却に使える控除や特例を利用する

不動産売却では控除や特例などが使える可能性があります。

不動産売却の特例や控除にはいくつかの種類があります。
中でも有名なものに「3,000万円控除の特例」などがあるのです。
3,000万円控除の特例とは札幌の居住用不動産売却に使える特例になります。
3,000万円を控除できれば不動産売却時の税金負担をおさえることが可能です。

控除や特例を使うことで税金負担が変わってきますので、忘れずに使うことも税金対策になります。

最後に

不動産売却では3種類の税金に注意する必要があります。
特に税金額が大きくなりがちな所得税と住民税についてはあらかじめ試算しておくなど税金対策を考えておきましょう。
不動産会社などに不動産売却で使える控除や特例について確認しておくことも重要です。

不動産売却と売却時の税金対策はスタンドエステートにお任せください。

売却バナー