隣人に知られずに不動産売却する方法

2021年03月24日

自宅を不動産を売却するときに「隣人に知られずに進めたい」と口にする方は少なくありません。
隣人に知られずに不動産を売却する方法はあるのでしょうか。
また、隣人に知られずに不動産を売却したいときはどのようなことに注意したらいいのでしょう。

自宅を隣人に知られずに不動産を売却する方法や注意点について解説します。


隣人に知られずに不動産を売却する方法は2つ

隣人に知られずに自宅を不動産を売却する方法は2つあります。
ひとつは仲介による不動産を売却です。
もうひとつは不動産買取を利用する方法になります。

仲介とは不動産会社に不動産を売却を相談し、仲介契約を結んだうえに進める不動産を売却方法です。
不動産会社は仲介契約に沿って不動産を売却の相手(買主)を探すために宣伝や広告、
インターネットへの情報の掲載などを行うのです。
仲介による不動産を売却は宣伝広告や情報の開示などを行う関係上、
隣人に知られずに不動産を売却を進めるのは難しい方法になります。
しかし、絶対に知られないことは不可能ですが、ある程度知られないように配慮して行うこと自体は可能です。
ただ、あくまで配慮に留まるため、不動産を売却が隣人に知られる可能性があることは覚悟しておかなければいけません。
宣伝や広告を最小限にするなど、不動産を売却時のことを不動産会社と相談しておきましょう。

もうひとつの方法は不動産買取です。
隣人に知られずに不動産を売却したい場合は、不動産買取の方がより安心できる方法になります。

不動産買取は自宅を業者(不動産会社)に買取してもらう方法です。
買主を見つけるための宣伝や広告がないため、隣人に知られずに不動産を売却できる可能性が高くなります。
不動産買取は仲介による不動産を売却より完了まで早いため、隣人に気づかれにくいというメリットもあるのです。


隣人に知られずに不動産を売却するための注意点

隣人に知られずに不動産を売却したいときは、以下のふたつのポイントに注意する必要があります。

・不動産を売却について隣人以外にも漏らさない

不動産を売却を隣人に知られずに進めたい場合は周囲に漏らさないことが重要です。
隣人に知られずに進めようとしても、隣人以外から隣人の耳に入ってしまう可能性があります。
隣人に知られずに不動産を売却したい場合は、隣人以外にも内緒にして進めましょう。

・隣人に知られずに売却したい旨を不動産会社に伝えておく

隣人に知られずに不動産を売却したい場合は不動産会社にあらかじめ「隣人に知られずに進めたい」と伝えておくことが重要です。
不動産会社への相談時に担当へとしっかり伝えておくようにしましょう。

最後に

隣人に知られずに不動産を売却したいときは2つの方法が考えられます。
ただ、仲介による不動産を売却の場合は隣人に知られずに進めることには限界があるため、
不動産買取も同時に検討してみてはいかがでしょう。
隣人に知られずに不動産を売却する際はふたつのポイントにも注意してください。

隣人に知られずに行う不動産を売却は、弊社にご相談ください。

売却バナー