R3年の新型コロナが不動産売却へ影響は?

2021年02月24日

新型コロナによる生活や収入への影響が懸念されています。
不動産市場への影響も同じく心配されている状況です。
令和3年の新型コロナは、札幌の不動産売却や不動産市場にどのような影響を与えると考えられているのでしょう。

令和3年の新型コロナが札幌の不動産売却へおよぼす影響について解説します。

令和3年の不動産売却への新型コロナ影響は?

新型コロナが流行し、収入や会社経営などさまざまな分野に影響が出ています。
札幌の不動産売却への影響も懸念されています。
札幌の不動産売却は人々の生活や地域と密着しているため、住民や生活、地域への影響が出ると、連鎖的に影響を受けてしまう可能性があるのです。

たとえば、収入状況が悪化すれば多くの人が「不動産を買うより生活」となってしまいますから、不動産売却の買主候補が減少するかもしれません。
買主候補が少なくなると、不動産売却を成立させるために価格を下げる所有者なども出てくるのではないでしょうか。
このように、令和3年の新型コロナ禍は札幌の不動産売却に少なからず影響を与える可能性があるのです。

令和3年になってすぐ、すべてのタイプの不動産売却市場が急落するわけではないといわれています。
新型コロナ禍でも札幌の生活は続きます。
不動産は生活のベースですから、転勤などやむを得ない事情から不動産売却の一定の需要は見込めるといわれているのです。
ただ、不動産売却市場が活発化するかといわれると、やや否定的になります。
令和3年の新型コロナが不動産売却におよぼす影響|不動産別

令和3年の新型コロナ禍による札幌の不動産売却への影響は、不動産のタイプによって変わってくるのではないかとも指摘されています。
具体的に札幌の不動産のタイプ別の不動産売却への影響について見ていきましょう。

・札幌の新築戸建てや新築マンション不動産売却へのコロナの影響

札幌の新築戸建てや新築マンションは、不動産売却市場が縮小するのではないかといわれています。
新築戸建てを購入するときは、自分の足で新築戸建ての相談に行ったり、設計の話し合いをしたりするのではないでしょうか。

新築マンションを購入する場合も、実際にしっかりと確認するはずです。
しかし、新型コロナ流行により、札幌のモデルハウスなどに足を運ぶことを控える人も少なくないため、結果的に令和3年の札幌の不動産売却市場も縮小傾向になると予想されています。

・札幌の中古戸建や中古マンション不動産売却へのコロナの影響

札幌の中古戸建や中古マンションの不動産売却への影響は、新築不動産よりも限定的だといわれています。
収入減少などによる影響は懸念されますが、転勤などによる引っ越しといった一定の需要が中古物件にはあるといわれているのです。
そのため、札幌の新築不動産の不動産売却よりも、令和3年の新型コロナの影響は限定的ではないかと予想されます。

最後に

令和3年の札幌の不動産売却における新型コロナの影響は不動産タイプなどによって変わってくると考えられます。
また、今後の経済や札幌の状況によっても影響の度合いが変わってくるはずです。

弊社では新型コロナの流行という現状をふまえた不動産売却を提案しております。
札幌の不動産売却は弊社へご相談ください。

 

 

売却バナー