市街化調整区域の土地を不動産売却したい!

2021年02月17日

札幌市近郊の市街化調整区域とは「開発しない(市街化を抑制している)区域」のことです。
札幌市近郊の市街化調整区域は開発を抑制している区域ですから、札幌市近郊の市街化調整区域に土地を買っても家や店などは基本的に建てられません。

すでにある家を建て替えるときも行政の許可が必要になっているのです。
だからこそ札幌市近郊の市街化調整区域の不動産は、手放したいと願っているオーナーにとって「売りにくい不動産」であり、土地を探している人にとっては「買っても使いにくい不動産」になっています。

札幌市近郊の市街化調整区域の不動産は不動産売却できるのでしょうか。
また、札幌市近郊の市街化調整区域の不動産を高く売るための方法はあるのでしょうか。
スタンドエステートが解説します。


札幌市近郊の市街化調整区域を不動産売却することは可能か?

札幌市近郊の市街化調整区域の不動産の不動産売却は可能です。
ただし、札幌市近郊の市街化調整区域の不動産を高く売るためには、札幌市近郊の市街化調整区域のデメリットを理解したうえでポイントをおさえた不動産売却をする必要があります。

札幌市近郊の市街化調整区域は「建物の建設や開発に制限がある」という点以外にもふたつのデメリットがあります。

ひとつは住宅ローンの審査が通り難いことです。
札幌市近郊の市街化調整区域の建物を立て替えるときの主な資金調達方法は住宅ローンになります。
住宅ローンを借りるときは不動産に担保を設定しますが、その担保が換金し難いものの場合は金融機関も難色を示すのです。
結果、札幌市近郊の市街化調整区域は住宅ローンの通り難いというデメリットがあります。

もうひとつに、買い手がつきにくいというデメリットがあるのです。
札幌市近郊の市街化調整区域は開発が抑制されているわけですから、インフラなども整備されていないケースが多くなっています。
札幌市近郊の市街化調整区域の不動産を利用したくてもインフラの整備から考えなければならないケースもあるため、買い手も難色を示すのです。

ただ、デメリットはありますが、札幌市近郊の市街化調整区域の不動産売却自体は可能になっています。


札幌市近郊の市街化調整区域を高く売るためのポイント

札幌市近郊の市街化調整区域の不動産を高く売るためにはポイントをおさえた不動産売却も重要です。
札幌市近郊の市街化調整区域の不動産を高く売るためのポイントは以下の3つになります。

・札幌市近郊の市街化調整区域の不動産売却に通じている不動産会社を選ぶ
・札幌市近郊の市街化調整区域の不動産の売却実績のある不動産会社を選ぶ
・札幌市近郊の市街化調整区域の不動産の転用など活用についてアドバイスできる不動産会社を選ぶ

札幌市近郊の市街化調整区域の不動産は不動産売却し難いからこそ、相談先の不動産会社に知識があるか、実際に売却実績があるかが重要です。
札幌市近郊の市街化調整区域の不動産には転用によって活用するという方法もあります。
札幌市近郊の市街化調整区域の不動産について幅広い活用を提案してくれる不動産会社に相談すれば、高く売ることと活用の両方を検討可能です。


最後に

札幌市近郊の市街化調整区域は開発を抑制すべき区域だからこそ不動産売却も難しくなっています。
しかし、札幌市近郊の市街化調整区域の不動産の不動産売却自体は可能です。

札幌市近郊の市街化調整区域の不動産売却をするためには、デメリットをふまえて3つのポイントを留意することです。
札幌市近郊の市街化調整区域の不動産を高く売るためにも重要なことになります。

札幌市近郊の市街化調整区域を高く売るための不動産売却は、スタンドエステートにお任せください。

 

 

売却バナー