不動産売却でかかる司法書士費用の相場は?

2021年02月10日

不動産の売却のときは不動産の名義変更や抵当権の抹消など、司法書士に必要な登記を依頼することになります。
司法書士に登記を依頼するときは、どのくらいの費用が相場になるのでしょうか。
不動産の売却時の司法書士費用の相場について弊社が解説します。

不動産の売却でかかる司法書士の費用の内訳
不動産の売却のときは司法書士に名義変更などの登記を依頼することになります。
不動産の売却のときに司法書士に登記を依頼するとどのような費用がかかるかが問題です。

不動産の売却のときの司法書士費用の相場についてお話しする前に、まずは司法書士に登記を依頼したときの費用内訳について見てみましょう。
不動産の売却時の司法書士費用の内訳は以下のようになります。

不動産の売却の司法書士の報酬
司法書士に登記を依頼したときの報酬です。
金額については登記の内容や数などによって変わってきます。

不動産の売却の登録免許税
不動産の売却のときの登記には登録免許税が必要になります。
登録免許税は司法書士の報酬ではなく、登記の手数料的な位置づけの税金です。
登録免許税がいくらかかるかは、不動産の売却時の登記内容や登記数によって変わります。

たとえば、不動産の売却時に相続登記をして不動産の売却の名義変更をおこなう場合と、不動産の売却の名義変更のみをおこなう場合では、同じ不動産や不動産の売却内容でも、司法書士に渡す登録免許税相場が変わってくるのです。

不動産の売却の登記に必要なその他費用
不動産の売却時の登記の際に必要な書面を司法書士の方で取得する場合は、書類の取得費用なども加算されるため、費用相場が変わってくるのです。

たとえば不動産の売却の名義変更登記を司法書士に依頼する前段階として、不動産の売却の相談をしながら相続登記をしたとします。
このような場合は相続登記に必要な戸籍などを取得するため、戸籍の取得費用が費用相場に加算される仕組みです。

不動産の売却のときの司法書士費用の相場は登記によって変わる
不動産の売却のときの司法書士費用は司法書士そのものの報酬や登録免許税、その他費用などの合計で決まります。
そのため、登記の数や内容などで費用相場が大きく変わってくるので、一概にはいえません。

基本的な司法書士の費用相場としては、抵当権の抹消登記で司法書士報酬が1万円ほど。
抵当権の抹消登記の登録免許税は、不動産ひとつあたり1,000円です。
土地と建物それぞれの抵当権を抹消する場合は合計で2,000円になります。

不動産の売却のときの司法書士費用の相場を確認したい場合は、司法書士に見積もりを作成してもらうといいでしょう。
不動産の売却時の司法書士費用の相場がより明確になるはずです。

最後に
不動産の売却のときは司法書士に依頼して名義変更の登記をします。
名義変更の登記を司法書士に依頼すると司法書士の報酬が発生します。

司法書士の報酬は登記の数や内容などによって相場が変わってくるので、事前に不動産会社や司法書士に確認を取っておくと安心です。

不動産の売却の疑問は、弊社へお気軽にお問い合わせください。

 

 

売却バナー