親が老人ホーム入居したら実家売却すべき?

2021年01月22日

実家に住んでいる親が老人ホーム入居した場合は実家を売却するべきでしょうか。
実家はすぐに実家を売却したり、そのまま空き家にしておいたりするなど、いくつかの選択肢が考えられるはずです。


親が老人ホーム入居した後は実家を売却するかどうか、悩むのではないでしょうか。

この記事では親が老人ホーム入居したときに実家を不動産売却するべきかどうかを解説します。
後悔しない実家の不動産売却をおこないましょう。

親が老人ホーム入居したら実家を売却すべきか?

親が老人ホーム入居したら実家を売却した方がいいのかどうかは、ケースによります。

たとえば親が老人ホーム入居しても定期的に実家に帰ってくる場合や、実家に他の家族もいる場合などは、
実家を売却を要検討すべきではないでしょうか。
また、実家に将来的に住む予定がある場合や、親族の中に利用希望者がいる場合、実家で法要などをおこなう場合などは、
実家を売却のタイミングをよく見極めることが重要になります。
また、親が老人ホーム入居してもう実家に帰ってこないケースでも、
実家がリフォームしたばかりなどのケースでは、人に貸して賃料収入を得るという方法もあるのです。

各家庭で事情が異なるからこそ「親が老人ホーム入居したからすぐ実家を売却した方がいい」と一概に断定はできません。


ただ、事情があれば早めのタイミングで実家を売却を検討してもいいかもしれません。
親が老人ホーム入居してすぐ実家を売却するかどうかは、事情などを整理したうえで判断することがポイントになります。

親が老人ホーム入居してすぐ実家を売却した方がいいケース
実家を売却を急いだ方がいいか。また、実家を売却をすべきかどうかは最終的にケースバイケースです。
ただ、以下のような事情がある場合は実家を売却を急ぐのもひとつの方法になります。

・親の老人ホーム入居でまとまった資金が必要である

親が老人ホームに入居したり、今後の介護費用が必要になったりした場合は、不動産売却で資金調達する方法があります。
まとまった資金が必要な場合で、実家が今後不要であるという場合などは、
実家を売却を急いで資金調達することを検討してはいかがでしょう。

・実家の不動産の固定資産税や維持費の負担が重い

親が老人ホーム入居して空き家状態になってしまっても、固定資産税と維持管理費用は必要になります。
固定資産税や維持管理費用の負担に苦心しており、実家が不要だという場合は実家を売却を検討してみてはいかがでしょう。
・早めに不動産売却して節税したい

実家などのマイホームを不動産売却する場合は、3,000万円の特別控除が使える可能性があります。
3,000万円の控除は大きいため、不動産売却時の税金負担を軽減できるのです。
親が老人ホーム入居して3年が経過すると、この特別控除が使えなくなる可能性があります。
不動産売却時の節税を考えて、早めに実家を売却するケースが考えられます。

最後に

親が老人ホーム入居したタイミングで実家を売却するかどうかはケースによります。
事情にあわせて実家を売却を進めることが重要です。

親が老人ホーム入居して実家を売却を検討している場合は、弊社にご相談ください。
事情にあわせた実家を売却のタイミングを提案いたします。

売却バナー