不動産売却で高額査定を出すための豆知識

2019年03月17日

不動産売却を考えている場合には、まずは査定を受ける必要があるでしょう。
不動産売却の方法としては、仲介と買取の二つの種類があり、
一つが不動産会社に仲介してもらって新しい家主に不動産を買ってもらう方法で、

もう一つが不動産買取業者に直接買取してもらう方法です。

どちらの方法にもメリットやデメリットがありますが、仲介を利用するのであれば、
トータル的にみると高値で買い取ってもらう可能性が高くなります。
しかし買い手が見つかるまでに長期間かかる可能性もあり、買い手が現れないリスクを考えた場合には、
買取に切り替えた方がよいケースもあります。

業者に買取を依頼するメリットとしては、仲介手数料もかからず短期間で売ることができることです。

しかし仲介を利用するときと比べると買取価格が低くなるといえるでしょう。

どちらを利用するにしても、まずは査定を受ける必要があります。
査定を受ける際には、できる限り高額査定を引き出して、より高く売りたいと考える人が多いですが、
事前に不動産業者が買取価格をに決める際にどのような部分を見て査定しているのか
などの豆知識を把握しておくとよいでしょう。
 

今回は不動産売却で高額査定を出すための豆知識について詳しく解説していきます。 


■その①清潔感

まず第一に清潔感が挙げられます。
その家を訪れた時の雰囲気は査定には大きな影響を及ぼすことになります。
例えば床に傷がたくさんあったり、壁にひびが入っている、汚れが目立つなどの物件よりも、
多少傷があったとしても、ワックスできれいにお手入れがなされている物件の方が、
よい印象を与えることができるでしょう。


自分で掃除ができるのであればそれが一番安く済ませられる方法ですが、
なかなかそのような時間をとることができなかったり、
本格的にクリーニングをしたいと考えているのであれば

ハウスクリーニングを業者に依頼する方法も一つの手段です。
おふろやキッチンなどは、素人ではなかなか完ぺきにきれいに汚れを落とすことはできません。

しかしこのような頑固な汚れが付いている部分でもきれいにしてもらうことができ、
素人では見落としてしまうような細かい部分まできれいにしてもらえます。
住んでいるうちに自分たちでは気にならなくなったにおいも、
しっかりと処理してもらうことが可能です。



■その②収納力

2番目に収納力についても業者が見ていることを忘れてはいけません。
どれぐらい収納できるのかということは、次の家主にとっては大きなポイントとなります。

査定を受ける前には、必ず家全体を整理し、ものが収納されている状態であっても、
きれいに収納されていると良い印象を与えることができます。

いらなくなったものをそのままクローゼットに詰め込んでいるようなまま、
査定を迎えることがないように気をつけましょう。


そして周囲の環境も大きな影響を及ぼします。
例えば近くに公園や学校はあるのか、

日々の買い物をすることができるスーパーはどれくらいの距離に位置しているのか、
子供がいる家庭では病院が近いということも気にする人が多く見られます。

このような項目は様々ですが、査定の価格にプラスになる部分もあれば、
マイナスになる部分があるのが事実です。

大切なことは事前に良いポイントと悪いポイントについてまとめておくことです。
査定の際にこれらを伝えることが大切で、デメリットなども隠さずにいうことが重要です。


■その③タイミングを気にしすぎないこと

高額査定を出すために、査定を受けるタイミングはあるのかと気になる人もいるかもしれませんが、
この場合、時期はそれほど関係ないと言えるでしょう。

不動産業界全体で見た場合には、取引きが活発となる時期は九月から十一月と一月から三月ですが、
業者側にとっては特に高く取引してもらえる時期があるわけではありません。

そのため自分が売却したいと思ったときが一番のタイミングです。
考えているうちにどんどん年数がたってしまい相場が下がってしまった
ということにならないように注意しましょう。



■最後に 

いかがでしょうか?
今回は不動産売却で高額査定を出すための豆知識について解説しました。

所有している不動産を売ろうと考えたときに
少しでも高く買い取ってほしいと思うのが心情です。

スタンドエステートでも投資物件に数多く携わっておりますので
お困りの際は是非ご相談ください。

 

 

株式会社スタンドエステート