住替えをする為の売却スケジュールを考える

2019年02月03日


これから自分が所有している不動産の売却する場合には、
住替えをするスケジュールを頭に入れておかなければなりません。
不動産売却を頻繁に行っている人ならばある程度頭の中にスケジュールがありますので
それほどともあろうことはないでしょう。

もちろんイレギュラー的なことが起こるかもしれませんが、
多くの場合柔軟に対応することができます。
人間は、ルーチンワークに近いほど柔軟に対応することができるものです。
つまり何度も経験がある専門的な業者や不動産投資家の場合には、
住宅の売却をするときのおおよその流れがわかっているため、
イレギュラーが起きたとしてもそれに対応することが十分にできます。

当然ながら、事前にしっかりとした余裕を持って取引を行いますので、
問題点が発生した場合でも柔軟に対応できる姿勢が整っているともいえるわけです。
ですが、自分の住宅を所有してそれを売却する場合には
なかなかそのように柔軟に対応できない可能性が高くなります。

そこで、十分に安心して取引きをするためには
しっかりとした知識を身につけておかなければなりません。
経験がなくてもある程度知識を持っていることで
経験に等しいぐらいのものを手に入れることができるからです。
どのような知識を持っていたらよいかといえば
まず売却する時の流れを考えなければならないでしょう
今回は不動産売却をするときの住替えスケジュールについて詳しく解説していきます。 


■売却するときの流れ 

まず、売却する場合にはどれぐらいの期間がかかるかを考えておく必要があります。
なぜなら、新しい住宅を購入するタイミングなどを考えなければならないからです。

悪い例としては、住宅の売却を1か月ほどと設定しており
新しい住宅を1か月後に購入してしまった場合です。
もし1年以上売れなければ、1年間の費用が無駄になってしまいます。

それでも問題ないと考えるならば別に良いですが、
無駄を発生させないためにはどれぐらいの期間で売却するかの
ゴールを決めておかなければなりません。
ゴールを決めるに当たり逆算することでおおよその売却の流れがわかるはずです。
一般的には、住宅を売りに出してから
2カ月から半年あるいは1年ぐらい経過して売却するものになります。
もちろんどの段階で売却するかはある程度自分の中で決めることができるわけです。
なぜ自分の中で決めることができるかといえば、
それは金額を調整すれば簡単に購入希望者を見つけることが可能だからです。

たとえば、最初に2500万円で売りに出していた場合、
もし市場価格と乖離しているのであれば半年たっても1年たっても売却できません。
しかしながら、これを3カ月で売却したいと考えるならば少しずつ値下げをしていき
2000万円ぐらいまで設定すれば多くの人が訪問してくれるでしょう。
その中には、必ず住宅を真剣にほしがっている人がいますので
その人とマッチングさせることができれば3カ月程度で売却することも可能です。


■早く売りたい場合には 

さらに早くする場合には、初期設定の金額を安くしておけば問題ありません。
もちろん少し割安ですがこのように金額を調整することにより
売却時期を意図的に決めることは可能になります。

ただ、そこまでしたくない場合には半年から1年かかることを覚悟しましょう。
そこをゴールと決めるならば、
不動産会社と相談して価格設定などを明確にしておく必要があります。
少し低めに設定しておいてもよいですが、最初は強気の値段で設定し
2カ月ぐらい経過して全く反応がなければ
そこから100万円ぐらい下げていくのがよいかもしれません。 
後は、実際に契約をした後の手続きですが
やはり1カ月から2カ月ほどかかると考えてよいです。
相手が契約できる時期によっても変わりますが、
自分たちも柔軟に対応できるようにいつでも契約ができる準備をしておくことが大事です。


■最後に 

いかがでしょうか? 
今回は不動産売却をするときの住替えスケジュールについて解説していきました。

住み替えする時にも、売却の期間も考えていろいろと準備しておく必要がありますね
当社では、不動産売却に精通したスタッフが数多く在籍しております。
業者に売却する場合も個人間で取引をする場合でも、
一度是非プロのアドバイスを聞いていただければ幸いです。
スタンドエステートにお気軽にご相談ください。

 

 

株式会社スタンドエステート