不動産を売却して入金されるまでの流れ

2018年09月05日

不動産は多くの人にとって最大の資産と言えるものかと思います。

 

その最大の資産である不動産を何らかの理由で売却を考えた際に、

まず気になるのがお金にかかわる点についてです。

 

特に「いくらで売れるか」「いつお金が入金されるか」という点は、

不動産を売ろうと考える誰しもが気になる点です。

 

いくらで売れるかという査定方法については、

以前の記事で解説いたしましたので、

ぜひご参照頂けたらと思います。

 不動産査定の方法ってどのように行うの?土地・住宅・マンションのそれぞれの査定の仕方について

 

今回は不動産売却の際に「いつお金が入金されるか」にフォーカスして、

解説をしていきたいと思います。

 

 

■売却代金を得られるタイミングは2回

 

不動産売却において売却代金を支払われるタイミングは、

「売買契約時」と「決済・引渡し時」の2回あります。

 

 

■売買契約時

 

売買契約の際に手付金の受け渡しがあります。

 

不動産業界における商慣習として売買価格の10%とすることが多いようですが、

最近では手付金の金額も少なくなってきており、

10~30万というケースも珍しくないようです。

 

また、このタイミングで不動産会社に発生する

仲介手数料の半額をお支払いするのが一般的です。

 

売買契約は購入希望者が見つかれば締結します。

 

売買契約が締結できる期間としては、

売り出しを開始してから、

大体3か月~6か月くらいかかります。

 

売り出しを開始しても購入希望者が現れない場合は、

もっと時間を要することになります。

 

しかし、ここで注意しなくてはいけないことがあります。

 

それは、手付金は使わない方が良いということです。

 

なぜか?手付解除のリスクがあるからです。

 

手付解除には2つのパターンがあります。

 

・手付放棄⇒買主が売買契約後に契約を解除したい場合は、手付金を手放すことで契約解除できること

・手付け倍返し⇒売主が売買契約後に契約を解除したい場合は、手付金×2の金額を買主に支払いをすれば契約解除できること

 

このようなリスクも考えられるため手付金が入ったからと言って、

すぐに使っていいというわけではありません。

 

売買代金の入金がすべて完結するまでは、

そのまま取っておいた方が良いでしょう。

 

ただ、手付解除は制約なしにむやみやたらに出来るものではなく、

一般的には不動産の売買契約締結後から2週間前後と期限が定められることが多いようです。

 

 

■決済・引渡し時

 

決済・引渡し時のタイミングで買主から、

売買価格から手付金を差し引いた残りの金額が支払われます。

 

この金額から仲介手数料の半額を不動産会社に支払った金額が、

あなたの手元に残るお金ということになります。

 

決済・引渡しまでには売買契約締結完了から、

約1か月半かかります。

 

つまり、売却活動を開始してから売却代金が全額入金されるまでに、

約4か月半~7か月半の期間がかかる計算になります。

 

また、決済・引渡しの際には売買代金の残りの金額の精算以外に、

固定資産税や管理費・修繕積立金などの精算も行われます。

 

売買金額以外の精算金については、

売主と買主の間で取り決められる項目になるため、

必ず清算をしなくてはいけないというものではありません。

 

 

■仲介手数料について

 

仲介手数料について前述した通りですが、

手付金の入金の際にその半額を支払うのが一般的です。

 

しかし、本来は売買契約締結の時点において、

不動産会社に100%の請求権が発生します。

 

そのため売買契約時に仲介手数料を全額請求されても

法律的な観点では違法行為には当たらないですが、

全額売買代金が入金されるまでは不動産会社に交渉事を任せなくてはいけないため、

気を緩ませないためにも売買契約時には半額に留めておくのが良いでしょう。

 

 

■まとめ

 

今回は家やマンションなどの不動産を売却して

入金されるまでの流れについて解説してきました。

 

結論としては不動産の売却活動を開始して、

手元に売買代金が全額入金されるまでには、

約4か月半~7か月半の期間を要するということです。

 

ただし、あくまでこれは3ヶ月~6か月で、

購入希望者を見つけられた場合に限る話になるため、

購入希望者が見つからなくてはもっと時間がかかります。

 

一般のお客さんから購入希望者を見つけるには時間がかかりますが、

不動産会社に直接不動産を買い取ってもらう方法であれば、

より早く現金化することが可能です。

 

もし札幌で不動産売却をご検討の方がいましたら、

ぜひスタンドエステートにご相談ください。

 

お客様のご状況から最適な売却プランをご提案させていただきます。

株式会社スタンドエステート