空家を不動産の売却しても税金はかかるの?

2020年12月09日

空家を不動産の売却しても税金はかかるの?


実家を相続したが、維持管理が大変だ。
相続した実家を空家のまま放置しており、不動産の売却などを検討している。

このようなケースでは、空家を不動産の売却するときの税金が気になるのではないでしょうか。

空家として長年放置していると、基本的に不動産の価値は低下します。
価値が低下した空家を売却して多額の税金がかかってしまえば、不動産の売却で利益が出るところかマイナスです。
空家を不動産の売却したときに税金はかかるのでしょうか。
空家の不動産の売却で税金がかかるとしたら、どのような税金対策をすればいいのでしょうか。

スタンドエステートが空家の不動産の売却と税金について説明します。

空家を不動産の売却しても税金はかかる

空家は新築物件と比較して価値が落ちている傾向にあります。
空家でも築年数が新しい物件や立地の良い物件はそれなりの価格で不動産の売却できる可能性もあります。
しかし、相続した実家などの空家は築年数が古いケースが多く、必ずしも立地条件が良いというわけではありません。
不動産の売却をしても、新築に近い物件や立地の良い物件のような価格では売却できないことも少なくありません。
空家を所有している人にとっては「築年数の古い空家を売却しても不動産の売却に税金がかかるのだろうか」という
思いがあるのではないでしょうか。

結論からいうと、空家を不動産の売却すると税金がかかる可能性があります。
ただし、空家を不動産の売却しても税金がかからないケースもあるため、ケースバイケースになるのです。

不動産の売却の税金は利益に対してかかります。
不動産の売却金から売却時の費用や経費、不動産の取得費などを引いて利益が出れば税金がかかるのです。
対して利益がなければ、不動産の売却に税金はかかりません。
空家の不動産の売却でも同じです。

空家を不動産の売却するときの税金対策

空家を不動産の売却するときは、あらかじめ税金がどうなるか確認し、税金対策しておくことが重要です。
空家の不動産の売却の税金対策には2つの方法があります。

税金対策①空家の不動産の売却の試算をしておく

空家の不動産の売却の第一の税金対策は、不動産会社に相談した時点であらかじめ不動産の売却や税金の試算をしておくことです。
試算することで突発的な税金発生を回避でき、仮に税金が発生しても、先に準備しておくことが可能です。

税金対策②空家の不動産の売却の控除や特例について確認しておく

空家の不動産の売却の控除や特例についてあらかじめ確認しておくことも重要です。
特例や控除を使えば税金負担を軽減できますので、あらかじめ調べておくことが大切になります。
税理士や不動産会社にも使える控除や特例があるか、相談してみましょう。

最後に

空家の不動産の売却も利益が発生すれば税金がかかります。
空家の不動産の売却で税金が心配なときは、あらかじめ不動産会社などの相談しておくことをおすすめします。

税金対策をしながら不動産の売却したい。
控除や特例について知って不動産の売却したい。
空家の不動産の売却の税金で不安なら、スタンドエステートにご相談ください。

売却バナー