新型コロナで不動産価格と売り時は変わる?

2020年12月02日

新型コロナで札幌の不動産価格と売り時は変わるのか

新型コロナ禍を受けて札幌の不動産価格の下落や変動が心配されています。
アパートやマンションなどを所持しているオーナーは
「札幌の不動産価格が下落するなら早めに売却した方がいいのではないか」と考えているかもしれません。
新型コロナにより札幌の不動産価格や売り時は大きく変化するのでしょうか。
スタンドエステートが、新型コロナ禍の札幌の不動産価格と売り時について説明します。

新型コロナで札幌の不動産価格は変わるのか

新型コロナというかつてない事態に、札幌の不動産価格や売り時が大幅に変わるのではないかと心配している
不動産オーナーは少なくありません。
新型コロナで会社の倒産などが報じられると、どうしても「札幌の不動産価格は大丈夫だろうか」と不安を覚えることでしょう。
新型コロナで札幌の不動産価格が変わるかどうかが問題です。

結論からいうと「新型コロナによる札幌の不動産価格の大幅な下落も大幅な上昇もない」と予想されています。
もちろん、需要や市況による上昇や下落はあり得ます。
ですが、新型コロナの影響がなくても、札幌の不動産価格は常に上下します。

新型コロナによっても、不動産市況を支える金融システムは崩壊しておらず、
今後も金融緩和なども変わらず継続される見通しです。
新型コロナによる大幅な札幌の不動産価格下落にはつながりにくいと考えられます。
新型コロナによる影響も、新型コロナの終息により、ゆるやかに回復するだろうと予想されているのです。

しかし、新型コロナ禍中や新型コロナ後に、札幌の不動産価格が大幅に上昇するかというと、
「それもないだろう」と予想されています。
なぜなら、金融システム自体が変わっていないことがひとつ。
そして、新型コロナが終息したからといって、急に不動産需要が高くなるわけではないからです。

新型コロナで札幌の不動産価格は「大幅に変わるわけではない」が結論になります。
ただ、今後の札幌の不動産価格相場や市場動向はチェックしておきたいものです。

新型コロナ禍や新型コロナ後の売り時のポイント

新型コロナ禍の最中や新型コロナ後の不動産の売り時は、「札幌の不動産価格が下落すると予想するなら早めに不動産売却する」
「札幌の不動産価格が上昇すると思うなら、不動産売却を待って売り時のタイミングをはかる」が基本になります。
通常の不動産の売り時の判断と変わりません。

新型コロナは2020年9月21日の時点でまだ感染者が出ている状況です。
いつ終息するか現状ではわかっていないため、新型コロナの感染状況や不動産売却価格相場などをチェックしながら、
慎重に売り時を決めてはいかがでしょう。

最後に

新型コロナのニュースを見るたびに、札幌の不動産価格や売り時に不安を抱くオーナーは少なくありません。
新型コロナの感染拡大自体がはじめてのことなので、札幌の不動産価格についても予想がつかない状況ではないでしょうか。

新型コロナ後の札幌の不動産価格については、大きな変動はないと予想されています。
ただ、札幌の不動産価格は常に動きますから、売り時はよく検討する必要があります。

新型コロナ禍の最中や新型コロナ後の不動産売却で迷ったら、弊社にご相談ください。

売却バナー